忍者ブログ
[1887] [1886] [1879] [1876] [1874] [1885] [1884] [1883] [1882] [1881] [1880]
 
おもしろい形の門扉、その足下になにやらギヤが…と思って、そのギヤがなんのためについているのかを見て驚いた。門扉が開くと、その天端が、中にあるオーバーヘッド型天井クレーンのレールになるのである。

 
 
2トン吊のクレーンが設置されたガーダーが、左右に設けられたレールの上を移動する。ただ、倉庫内には道路手前まで資材が積まれており、クルマに組み込むスペースがない。そこで、天端にレールを敷いた門扉を開き、レールを道路上に一時的にはみ出させて、クルマに積み込むのだろう。

 

さて、そもそも注目したきっかけは、この足下のギヤだ。手回しハンドルを回すと同軸上のドライブスプロケットが回転し、駆動力をチェーンでドリブンスプロケットに伝える。今度はドリブンの同軸上にあるウォームギアが、門扉の回転軸に取り付けられた大歯車を回す。

チェーン駆動の場合、減速比を大きく取って、テコの原理で軽い力で大きな駆動力を生み出すものだが、見る限り、あまり減速比が大きくは見えない。ハンドルが向こう側にあるのは、単に作業スペースの都合とかいたずら防止とかだろうか。

また、クレーンはモーターだろうから、ここにも手回しハンドルではなくモーターを使いそうなものだが、こちらは手回し。機械油にまみれたギヤ類が美しい。






PR


Copyright (C) 2005-2006 SAMURAI-FACTORY ALL RIGHTS RESERVED.
忍者ブログ [PR]
カレンダー
09 2018/10 11
S M T W T F S
2 3 6
7 8 9 10 11 12 13
15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリー
twitter
twitter2
プロフィール
HN:
磯部祥行
性別:
男性
自己紹介:
メールはy_磯部/blue.ぷらら.or.jpにお願いします。日本語部分等は適宜置き換えてくださいませ。
バーコード
ブログ内検索
アーカイブ
カウンター
since 2010.7.30
アクセス解析