忍者ブログ
[1] [2] [3] [4] [5] [6]
 
馬島港の待合室。フェリーも高速船もここに発着する。

 
写真に写るコカコーラの自販機は、馬島地区唯一の飲料自販機。

 
 
内部。宝くじ売り場みたいなブースが乗船券売り場。その裏がトイレ。手前側にベンチと机がある。写真の畳敷きのところも待合スペース。

 
馬島港。左のスベリがフェリー用(二つある、右が常用)、右の浮桟橋が高速船用。


スベリに入るフェリーはこんな。

 
浮桟橋に入る高速船・鼓海II(入港中)はこんな。

 
徳山港の高速船用浮桟橋。

 
徳山港のスベリ。

 
徳山港の待合室。この1年くらいの間にできたらしい。左は旧建物で、いまは倉庫になっているようだ。



PR
中国地方ツーリングのラスト、新潟から東京に戻るときに、雨具のパンツの縫い目のシールが剥げているのに気づいた。どうしようもないので履いていると、縫い目から浸水して、履いていたジーンズは、まるでお漏らしをしたみたいになった。ツーリング中は何度もカッパを脱ぎ着したが、その時は大丈夫だったのは、いま思えばラッキーだった。

雨具はゴールドウイン製のゴアテックスのもので、とはいえ購入したのは1999年頃。長い間使っておらず、再度使い始めたのは2012年からだ。

台風19号の襲来にそなえ、シームテープで補修した。テープはAmazonではメーカー品とノーブランドがあり、今回はノーブランドを選択。

 
まずはカッパのパンツから。まずは剥がれたシールを除去するが、剥がれるのは糊が化学変化してしまうため。しかも剥がれているのは一部なので、剥がれた部分だけをハサミで切除する。

シームテープを適切な長さに切り、縫い目に当て、温度を「化繊」に設定したアイロンを、当て布(バンダナを使った)を挟んで当てる。熱で接着されるのだ。布地が立体的になっている部分は、当てたシームテープをアイロンでチョン付けしながら位置を確定し、少しずつアイロンを当てていく。

 
カッパの上は、襟元のシールが剥がれていた。下に来ているジャケットの襟が濡れるのはこのせいか否か…。

 
次いで、テントのフライをば。これは1992年にセットでかったICI石井スポーツのゴアライトのフライ。つまり27年もの。フライの生地はまだ生きているが、シールが紙テープのようになってしまっていた。テント本体は、「ゴアテックスの劣化 防水透湿素材の末路」に書いたように2011年にはもう使えない状態になっていたが、ぼくは雨が降らない夜にはフライは張らないため、フライの生地は紫外線による劣化が進まなかったものと思われる。

 
縫い目そのものにはくっついていて、その両側が剥げている。シールを剥がすときには、そのくっついている部分もはがすため、ちょっと毛羽だった。カッパと違い、全部が写真のような感じだったため、すべて交換する。

 
入口とか、ベンチレーターの縫い目とか、する必要あるのかな…と思いつつ、しておいた。

実際に雨に当たってみないと、このシールが正しく効果を発揮するかわからないのだが、その「実際」は、できれば永遠に来ないでほしい(雨に一切当たりたくない)。









 
備後落合駅は、ほんとうに好ましい。バイクで立ち寄ったら、偶然、すぐに列車が来た。発着する列車は1日に何本もないのに。

以前、備後落合駅の駅便を書いたが、その記事の写真は2007年7月。それから12年経った。

 
12年前とほとんど変わらない。入口左の「便所」の看板が、なぜか上に「便所」と貼り付けられたくらいか。

 
12年前は内部を撮っていないので、変わったかどうかはわからない。この駅は元JRの方が自主的に清掃等をしているようなので、通常よりも清潔に保たれているに違いない。




 
大津島で、帰りの船まで小一時間あったので、南に向かって歩いてみた。湾に沿って家が並び、かつ山側に向かって建て込んでいる。

 
反対側から。なんか、家並みに違和感…。

 
違和感の正体がわかった。道路側に玄関が一切ないのだ。一番低い位置のほぼすべての家が「隣り合わせ」にならずに路地があり、そこに玄関がある。


 
坂の途中や上は、路地が入り組んでいる。

 
万力だろうか、舗装から直接出ている。ということは、この舗装面は私有地…?

 
南端まで行ってみた。アンカー禁止の標識があった。


 
「人間魚雷」こと「回天」の訓練基地があったことで知られる大津島に行ってきた。バイクで上陸しようとしのだが、島の南北を結ぶ道路が土砂崩れで通行止めとのこと。島を一回りできなければバイクを渡す意味がないので、徒歩にて乗船した。

 
徳山港の乗り場はスオーナダフェリーの乗り場(左の赤い門状のランプがそれ)に隣接している。

 
 
積載台数は6台。バキュームカーと配送用トラックと。乗船時の改札はなく、船内で切符の回収がなされる。

 
 
 
フェリーはまず北側の刈尾港に着く。けっこう多くの客の出入りがある。

 
次いで、南の馬島港へ。「回天」関連の遺跡はこちらだ。

 
右の浮桟橋は高速船用。

 

船体は、徳山港よりも島側のほうが見やすい。

動画を少々。






Copyright (C) 2005-2006 SAMURAI-FACTORY ALL RIGHTS RESERVED.
忍者ブログ [PR]
カレンダー
09 2019/10 11
S M T W T F S
1 3 4
11 12
15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリー
twitter
twitter2
プロフィール
HN:
磯部祥行
性別:
男性
自己紹介:
メールはy_磯部/blue.ぷらら.or.jpにお願いします。日本語部分等は適宜置き換えてくださいませ。
バーコード
ブログ内検索
アーカイブ
カウンター
since 2010.7.30
アクセス解析