忍者ブログ
[1] [2] [3] [4] [5] [6]
本日、高円寺にて開催された「道路Day2」にお越しいただきました皆様、ありがとうございました。主催ののがなさん、ご出演のぼんたさん、琉さん、たこさんのプレゼンも堪能いたしました。とても楽しい時間でした。

さて、私が採り上げた橋。ぜひご覧いただきたいので、下記にリンクを張ります。ぜひおたずねになってください。

IMG_3878_R.JPG
(泉大橋)


筑紫橋(北海道北竜町・秩父別町)
泉大橋(国道24号/京都府/木津川)
大堰橋(京都府) 吊桁の謎
珊瑚橋(岩手県北上市)
大橋 または大石田大橋(山形県/最上川)
出合橋(国道193号)
茂岩橋(北海道)
鹿島橋(静岡県)
鳥飼大橋(大阪府)

●カンチレバートラス以外
パテントシャフト&アクスルトゥリー/五行川橋梁(真岡鉄道)
江与味橋(国道429号/岡山県美咲町)
宇井大橋(国道168号)
韮生川橋
旅足橋(岐阜県)
国道17号旧道 境橋(新潟県二居渓谷)
初夏の境橋 
和賀仙人橋(岩手県)
根笠橋 トラスをトラスで補強した橋
青岩橋(岩手県二戸市・青森県三戸町)
姫川橋 中島武のコンクリートローゼ桁

(ブログ記事なし)
長生橋


●道路関係で私が手がけた本。ぜひ。(順不同)
東名・名神高速道路の不思議と謎(山形みらい)
中央自動車道の不思議と謎(藤田哲史)

国道?酷道!?大研究日本の道路120万キロ(平沼義之)
山さ行がねが(平沼義之)
山さ行がねが 伝説の道編(平沼義之)
廃道 棄てられし道(丸田祥三・平沼義之)

びっくり! すごい! 美しい! 「橋」と「トンネル」に秘められた日本のドボク(三浦基弘監修)


絶版ですが、原点です。
廃道本(平沼義之・永富謙)





PR
 
岐阜の北側の県道を走っていたら、屋根付き橋か橋上市場かというような橋があった。 #ラッピング橋梁 だ。これは、補修のためにトラス橋をカバーしているに違いない。左からの三連は桁も短く、ラッピング部分は橋脚の感覚が空いている。

 
明かり取りなのか、窓のように見える。

Googleのストリートビューに、ラッピングされていない姿が写っている。










 
紀伊大島の須江漁港と白野漁港とを結ぶ道の、峠部分はこんなすごい切り通しになっているのだが、上に橋が架かっている。

 
下から見ると、まるで橋桁を支えるトレッスル橋脚のようだ。しかし、1枚目の写真のように、このトレッスルとは分離している。旧橋というわけでもないようだ。

上の道も行ってみたが、畑に続く道でしかない。






ねじりまんぽ・車場川橋梁(1)
ねじりまんぽ・車場川橋梁(2)
ねじりまんぽ・車場川橋梁(3)

久しぶりに訪ねたので、2017年版を。
 
西側。真正面から見るとなんてことはないが、上を通る線路がスキューしている。トンネル…じゃない、アーチ橋の側面の向かって左が手前にある。そのために、煉瓦の積み方が「ねじりまんぽ」と呼ばれる特殊な積み方になっている。

 
 
上半分の内側がコンクリートで補強され(よって空頭が低くなり)、ねじれて見える煉瓦もあまり見えない。こちら、煉瓦が見えているほうが、当初単線で敷かれたほうであり、奥のすべてコンクリートの部分は、複線化の際に継ぎ足された部分だ。

 
 
煉瓦部分のみ。起拱線までは達しておらず、コンクリートだろうか(起拱線の下は石だ)、その上から巻き始めている。

 
東側。








 
えびの市の山中にある、3連の石積アーチ。国登録有形文化財で、現地の説明板によれば「めがね橋」、吉都線のえびの飯野駅から約30kmの延長…とある。『日本鉄道旅行地図帳』を見ると、川内川を北に遡り、県境を越えたところで東西に分岐し…となっている。つまりはいまの林道榎田大川筋線(ツーリングマップルでは「大川筋林道」)・白髪狗留孫(くるそん)林道に相当する。

 
現在、クルマの通行は禁止されているが、人はOKだ。


 
右の親柱には「飯野林道」、左の親柱には「月乃木川拱橋」。「拱橋」とはアーチ橋の意味だ。構造が橋の名称に含まれるのは、吊橋以外では珍しい。

* * *

先に「森林鉄道」と書いたが、林野庁のサイトに、現役時代の写真がある。


また、『日本鉄道旅行地図帳 九州』にも記載がある。そこには、下記の地図でいえば、ほぼ中央、ピンの位置から県界を北に沿って東に向かい、白い○に至るように描いていある。しかし、勾配を察するに、ちょっと腑に落ちない。(が、今尾恵介氏の監修なので、必ず出典があるはずで、当時の5万図に記載されたルートが誤っている可能性はある)。

 
(地理院地図Lv15をKashmir3Dで表示)

上の地図の赤いルートは、私がクルマで走ったGPSログ。下の旗印より南が、榎田大川筋林道。ピンの場所には分岐はあったかもしれないが、記憶にない。


林野庁のサイト国有林の森林鉄道の全路線(PDF : 716KB)によれば、飯野林道は加久藤営林署管轄のこの本線(1911年開設、1961年廃止)のほか三つの支線と、小林営林署管轄の二つの支線があった。同じ名称の林道でも営林署の管轄が異なるものがあることを初めて知った。廃止が最も遅いのは、陀蛇来水支線(だらみず。「蛇来水」は誤記と思われる)で、1966年だ。


 
林道榎田大川筋線の南側の区間。おそらく森林鉄道の軌道跡。

 
林道榎田大川筋線終点の標柱。とくに分岐などはなかったと記憶。

 
林道陀来水線起点。ここまでが何林道なのかは不明。上の地図でいうと、左上のもっと先(北)。三叉路になっていて、直進すると狗留孫神社だが、クルマでの到達は相当に厳しそうだ。右後にUターンするような角度で斜面に取り付くと、北側に抜けることができる。



下記サイトに、当時の写真や貴重な写真等がある。
・くまげら日記
・宮崎県の森林鉄道廃線跡・飯野線

直接関係ないが、段塔森林鉄道の関係者のお話。
・NARO's Homepage














Copyright (C) 2005-2006 SAMURAI-FACTORY ALL RIGHTS RESERVED.
忍者ブログ [PR]
カレンダー
09 2018/10 11
S M T W T F S
2 3 6
7 8 9 10 11 12 13
15 16 17 18 19
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリー
twitter
twitter2
プロフィール
HN:
磯部祥行
性別:
男性
自己紹介:
メールはy_磯部/blue.ぷらら.or.jpにお願いします。日本語部分等は適宜置き換えてくださいませ。
バーコード
ブログ内検索
アーカイブ
カウンター
since 2010.7.30
アクセス解析