忍者ブログ
[1] [2]
ピット内の清掃も行き届いた、美しい転車台。

望遠レンズを持っていかなかったことが悔やまれる。銘板もある。宮地鉄工所製、昭和16年度。「年度」標記は珍しい。材料は日本製鋼…と読める。

  桁の内部は、もともと敷かれていたレールを使用して豆汽車が走る線路として利用されている。
PR
連結器の挙動で紹介した若桜駅のターンテーブル。

上路式だ。側面には塗装標記がある。

橋りょう名 若桜転車台
支間 15M44
塗装年月日 1968年9月16日
塗装回数 3回塗
塗装種別、塗料名 下塗シアナミド鉛錆止ペイント 中上 長油系フタル酸樹脂塗料B
製造会社名 大田本塗料 K.K
施工者 城東建設有限会社

反対側には製造銘板がある。

昭和三年(●●●2104)
川崎車輌株式会社製作
活荷重 E33
鉄道省(以下略)

* * *

先のリンク先の動画の通り、ターンテーブルは比較的簡単に回る。しかし、実際の運用では位置決めが難しかったそうだ。動画を。



傍目で見ていると、これでいいじゃないかと思う位置。しかし、ロックピンが入らない。一人ででも、少しだけ力を込めればロックピンは落ちる。

ロックピン。暗部を見せるために白飛びしてしまい、わかりづらいが、/方向が軸方向、\方向が枕木方向。右下のレールを見て欲しい。右上が桁、左下が周辺の地面。

美しい一直線だなあ。
津山機関区の扇形庫
タブレット閉塞機の内部の続き。

18m級の下路式電動ターンテーブル。

ロックは手動。レールの間に凹形の受け台があり、ロッキングハンドルを操作するとリンクが作用し、ロッドが凹形の受け台にはまり込む。

これはその逆側。桁上のレールと地上のレール、ここまで離れていても、ゆっくりなら機関車でも大丈夫というのはいささか驚く。

欄ボードは、桁の上と側面にある。

操作室。

動画を撮った。


桁端部の車輪が回転している。本来、バランスすればこれは浮いたまま…なのだろうか。


(関連項目)
水上駅の転車台の走行装置
水上駅の転車台という記事を書いたことがあるのだけれど、動画を撮ってきたので紹介したい。

操作室の下に車輪があり、それがどうやって動いているのかということ。エンジン音はしないので、おそらくモータがあって、プーリーを介して車輪を駆動しているのだと思う。



外側。



踏面ブレーキが見えるが、これはプーリーと動軸にある。

転車台が動く姿はいくつか見ているが、こんな音がするのは水上駅だけ?
20120608-1.jpg大井川鐵道の千頭駅構内にある転車台(ターンテーブル)。この転車台は、新潟県の赤谷線東赤谷駅から昭和55年(1980年)に転用されたものである。廃線は称せ59年(1984年)。

詳細な説明が『鉄道ファン』2009年9月号にある。著者は橋梁でおなじみの小西純一先生で、参考文献の欄が、非常に参考になる。

この桁はランサム(Ransomes & Rapier,LTD)製で、長さは50フィート(約15m)国内では唯一の残党。特徴的なのは、上路プレートガーダーの下部の形状で、半径84フィート8インチ(RF誌の記事より。以下、数値等はRF誌から転載)の円弧を描いている。

20120608-2.jpg銘板。東赤谷駅にあった当時は、もちろん桁と同じ色だった。ランサムからは、明治30年(1897年)に日本鉄道に向けて、同型の桁が15基納入された。東赤谷駅の開業は昭和16年(1941年)なので、設置時点ですでに日本に来てから44年も経過していたということになる。

20120608-3.jpg中央支承、すなわち転車台が回転する芯。小西氏でさえ、ここは調査できていないとのこと。

20120608-4.jpg回転用のハンドルと、桁下には車輪が見えている。


うっかり、全体の写真しか撮っていなかったので、各部はトリミングした。そのため画質が悪い。

桁の詳細は情実RF誌または鉄道ピクトリアル1983年1月号をご覧いただくとして、ぜひクリックしていただきたいサイトがこちら。


猿と熊のあいだに(東赤谷)

東赤谷で生まれ育った方のブログで、昭和40年代の転車台の写真なども出てくる。このブログはとてもすばらしいので、全ページご覧いただきたい。




 


Copyright (C) 2005-2006 SAMURAI-FACTORY ALL RIGHTS RESERVED.
忍者ブログ [PR]
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
10 11 12 13
25 26 27 28 29
30 31
カテゴリー
twitter
twitter2
プロフィール
HN:
磯部祥行
性別:
男性
自己紹介:
メールはy_磯部/blue.ぷらら.or.jpにお願いします。日本語部分等は適宜置き換えてくださいませ。
バーコード
ブログ内検索
アーカイブ
カウンター
since 2010.7.30
アクセス解析