忍者ブログ
[1] [2] [3] [4]
 
給油所が閉鎖されて久しく、白く塗られた防火壁の塗膜もはげ落ちてきている。そして見え始める、オレンジに白抜きの三菱の輪郭。

黄色い鎖の左に浮かび上がるのは「新日本石油」の文字と、その1枚下のレイヤーには「日石三菱」。写真左に見えるのは「(三菱)石油」。新日石、日石の文字は見当たらない。

 















PR

かつては炭鉱があり、この地まで鉄道が延びていた。しかし、いまは無人の荒野となっている。行き止まりではないが、ここをクルマが通る理由もない。そんなところに、給油所だった壁と建物がある。

防火壁には、スリーダイヤモンドも二重に書かれている。こういうものは、かつてはきちんと覆い隠せていたものが、塗料の褪色とともに、見えてきてしまうのだろうか。

 
サービスルームは、残念ながら落書きがなされているが、落書きさえ色褪せつつある。こういう建物ゆえに倒壊もせず、このまま静かに、ここにあり続けるのだろう。



g_standさんから「eneosの縦長のサインポールは元・三菱石油」と聞いてから7年が経つ。高知県内で、国道沿いに半分塗りつぶされた三菱石油のマークがあった。「うちは元・三菱石油ですよ」と主張するために塗り残したのか。

 
手前は貸し地になっている。3本のレールがある、3~6枚の引き戸のもの。写真左は店舗の床のようだ。ということは…と思ってGoogleのストリートビューを見てみる。



やはり。店舗に隠れて「塗り替えられなかった場所」が残ってしまったのだ。それが、店舗が取り壊されて露出した。たいてい、こういう場合は保存状態はよい。

かといって、三菱のマークを描いた頃には、この店舗はこの形ではなかったのかと思いきや、それはわからない。この店舗はそう新しそうにも見えないし、国土地理院の空中写真(1974~1978)を見ても、不鮮明ながら、これと同じ形にも見える。昔は、隙間が30cmだろうと入り込んで描いていたかもしれない。

いま、こうして広い空間に晒されたスリーダイヤモンドは、やっと「日の目を見た」といえる。






まるでトラクターが防火壁を破ったように見えるが、もともとこのサイズのよう。こじんまりした三菱石油の給油所跡。

 
 
灯油の計量器から、電源のコードが伸びている。見た目はこうだけれど、私的に現役だったりして…。




 
新潟県のJR駅近くを走っていたら、消雪パイプからの錆で赤くなった道路やブロック塀の向こうに三菱のスリーダイヤが見えた。


なかなか褪せている。

 
防火壁が、倉庫の壁になっている。元給油所スペースは、防火壁の向こうだったのか、こちらだったのか。




Copyright (C) 2005-2006 SAMURAI-FACTORY ALL RIGHTS RESERVED.
忍者ブログ [PR]
カレンダー
07 2018/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10
13 14 15 16 17
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリー
twitter
twitter2
プロフィール
HN:
磯部祥行
性別:
男性
自己紹介:
メールはy_磯部/blue.ぷらら.or.jpにお願いします。日本語部分等は適宜置き換えてくださいませ。
バーコード
ブログ内検索
アーカイブ
カウンター
since 2010.7.30
アクセス解析