忍者ブログ
[1] [2] [3] [4]
大隅半島の町役場の近くに、閉店したゼネラルがあった。サービスルームを見ると、羽根のような庇がある。元モービル石油の痕跡だ。

 
いまは、Mobilとゼネラル、そしてessoは東燃ゼネラルが展開する3ブランドとなっているが、そうしたことが、この店のブランド変更に影響しているのかどうかはわからない。ただ、その庇が、出自を物語るのみだ。

もしかすると、防火壁の塗装を剥がすと、そのしたにはモービロイルの文字が隠れているかもしれない。
PR

九十九里浜に残る、筆遣いがわかる手書きのゼネラル。右が欠けているのは、ここだけブロック塀を積み直したからか。右が道路側、左が「奥」。

青い帯も、横に動く筆の跡がクッキリ。


敷地は駐車場になっていた。サービスルームの屋根にもゼネラルのマーク。




見よ、この力強い梁を。柱を。

プレハブのようなサービスルームが多くなる昨今、この複雑な造形。開口部は五角形だ。10枚で構成されるサッシは、左右の2枚はそれぞれ上部が斜めになり、中央のものは上部が三角になっている。つまり五角形のガラスだ。

すでに閉店して久しいようで、壁は真っ白に塗られている。それでも、電線管が浮いてしまったそこに、かつての青字の防火壁と黄色の帯が幅2cmくらい、顔を出していた。



鶴が羽根を広げたようなたたずまい。モービルの証、サービスルームの屋根の形は鶴の睫毛…そのような目立つものは鶴にはないが…をイメージさせる。

すでに閉鎖された給油所「跡」とはいえきれいに保たれていて、駐車場としても使われている。向かいにある商店に買い物に来ていたおばちゃんに「以前は、この通りが国道だった。国道にはもう1軒モービルがあって、そこも同じ経営者だよ」と教えてもらった。地元の人は、なんでも知っている。

水郡線の小駅の近く。国道が集落をバイパスし、ここが旧道になって久しいが、かつては周囲に合計3軒も給油所があり、いまも1軒が稼働中。
豊島団地の近く、隅田川にそってうねる一方通行の裏道に、大きなEssoの文字が見える。壁面のペイントかと思いきや、これがモザイクなのだ。

このモザイクは誰が作ったのだろうか。左官職人がタイルを砕いて作ったのだろうか。

それにしても給油所ではないし、給油所跡にも見えない。なにかの事務所だったのだろうか。1階の出入り口がシャッターであることもとても気になるが、内部はガラス扉だろうか。

冒頭写真で見えるように、左の建物はLPガス貯蔵庫。奥の土砂会社(?)と関係あるかどうかはわからない。

その向かいにある「鈴木燃料店」。「ミツワ 文化煉(瓦)」とある。看板からして小屋はぶった切られたのだろうか。Esso含めて不思議な建物である。


spl.thnx to @wisteriamarie


Copyright (C) 2005-2006 SAMURAI-FACTORY ALL RIGHTS RESERVED.
忍者ブログ [PR]
カレンダー
01 2017/02 03
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
カテゴリー
twitter
twitter2
プロフィール
HN:
磯部祥行
性別:
男性
自己紹介:
メールはy_磯部/blue.ぷらら.or.jpにお願いします。日本語部分等は適宜置き換えてくださいませ。
バーコード
ブログ内検索
アーカイブ
カウンター
since 2010.7.30
アクセス解析