忍者ブログ
[1] [2] [3] [4] [5] [6]
 
阿賀野川の舟運で栄えた街に、パステルグリーンの日本石油の防火壁がきれいに残っていた。給油所の施設そのものはとうになくなり、敷地は草が繁茂している。

 
今のENEOSの意匠に通じる形の、パステルグリーンに、薄い紫、水色、ピンク、そして白。1991年に制定されたカラーリングで、1999年に「日石三菱」となるまでの、わずか8年間しか存在しなかったもの。NiSSEKIロゴがあるので、日石三菱になる前に閉鎖されたのだろう。以来20年以上、太陽光に当たり続けても、パステルカラーは色あせていない。





PR
 
岩手県の県道をたどり、ある小さな集落の交差点にさしかかった。三角形の敷地の1辺をなす防火壁。伸びてしまった雑木の陰に見える、日石カルテックスのシンボルマーク。

 
閉鎖されて久しいようだが、敷地はきれいに整頓されている。

 
現在はタクシーの待機所として使われているようだ。JRの駅まで直線距離で7kmほどだ。








下北半島のある集落で、道の両側に給油所跡があった。

 
向かって左が太陽光発電の敷地になっている。

 
防火壁が黄色なので、もしかして大協石油?とも思ったが、@g_standさんのご教示によれば、大協ならばもう少し黄土色なのでは?とのこと。だしかにシンボルマークも見えていない。そして、下部には緑が見えている。

 
対して、その向かい(冒頭写真の右)の給油所跡。防火壁下部に緑のラインが見えている。

 
アイランドも緑色。この計量器は、日石CALTEXの給油所跡で見たことがある(ただし白い部分は赤だった)。

とはいえ、こちらの防火壁にも、ブランドのシンボルは見えない。単に、PBブランドとなったときに白と緑に塗り分けただけかもしれない。

1997年3月版のツーリングマップルでは、ここには給油所のマークはない。その時点で営業はしていなかったものと思われる。

防火壁下部が緑ということで、日石カルテックスではないかと思い、ここにカテゴライズしたが、もとのブランドはどこだったのだろうか。




 
渥美半島の根元の駅裏に、いくつか日石蝙蝠マークのついた小さな石油貯蔵タンクがある。その外見や手すりの状態からして、もう使われていないものだろう。豊橋市にはマルシメという石油を扱う会社があるので、その所有だろう。ENEOSの給油所を多数経営しているが、一つだけ昭和シェル石油の給油所もある。経緯がおもしろそうだ。

 
このように、大きなタンクが5基並んでいる。


うち二つは、写真右のように、下部が囲われている。

 
こちらの蝙蝠は、黒の塗料が褪せてきたか、さび止めの赤い蝙蝠になってきている。









 
かつて国鉄の航路があった街。10年ほど前までは、瀬戸内へのフェリーや高速船が何航路も発着していたが、いまはゼロとなった。その一角の駐車場の壁。珍しく、以前のマークが見えておらず、つまり「二重」になっていない。


 
反対側にもある。こちらも「二重」になっていない。筆運びがよくわかる、手書きの日石借るテックスマーク。

 
海がほど近いこの集落に、こんな感じで佇んでいる。防火壁だけが取り残された給油所は、なんだかまったく異様に感じる。
















Copyright (C) 2005-2006 SAMURAI-FACTORY ALL RIGHTS RESERVED.
忍者ブログ [PR]
カレンダー
07 2019/08 09
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16
23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリー
twitter
twitter2
プロフィール
HN:
磯部祥行
性別:
男性
自己紹介:
メールはy_磯部/blue.ぷらら.or.jpにお願いします。日本語部分等は適宜置き換えてくださいませ。
バーコード
ブログ内検索
アーカイブ
カウンター
since 2010.7.30
アクセス解析