忍者ブログ
[1] [2] [3] [4] [5] [6]
 
渥美半島の根元の駅裏に、いくつか日石蝙蝠マークのついた小さな石油貯蔵タンクがある。その外見や手すりの状態からして、もう使われていないものだろう。豊橋市にはマルシメという石油を扱う会社があるので、その所有だろう。ENEOSの給油所を多数経営しているが、一つだけ昭和シェル石油の給油所もある。経緯がおもしろそうだ。

 
このように、大きなタンクが5基並んでいる。


うち二つは、写真右のように、下部が囲われている。

 
こちらの蝙蝠は、黒の塗料が褪せてきたか、さび止めの赤い蝙蝠になってきている。









PR
 
かつて国鉄の航路があった街。10年ほど前までは、瀬戸内へのフェリーや高速船が何航路も発着していたが、いまはゼロとなった。その一角の駐車場の壁。珍しく、以前のマークが見えておらず、つまり「二重」になっていない。


 
反対側にもある。こちらも「二重」になっていない。筆運びがよくわかる、手書きの日石借るテックスマーク。

 
海がほど近いこの集落に、こんな感じで佇んでいる。防火壁だけが取り残された給油所は、なんだかまったく異様に感じる。














 
しまなみ街道が通る島に、ひっそりと残る壁。壁は南に向いてるが、目の前に倉庫が建てられたため、日差しが遮られている。

 
島内のメイン道路から見える場所ではあるが、右の壁の下部の緑のラインで気がついた。Googleのストリートビューでは見えない。






 
大分の山間の集落で目にしたサンライズ。三囲になっているはずの防火壁、コンクリートブロックでできたこの面以外は生け垣に覆われている。その中に壁は残っているのだろうか、それとも撤去されて生け垣になっているのだろうか。





日石カルテックスのマークは、なぜか、ブレたように、二重に描かれていることが多い気がする。現役時代も、下の赤が見えていたのだろうか。




Copyright (C) 2005-2006 SAMURAI-FACTORY ALL RIGHTS RESERVED.
忍者ブログ [PR]
カレンダー
11 2018/12 01
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリー
twitter
twitter2
プロフィール
HN:
磯部祥行
性別:
男性
自己紹介:
メールはy_磯部/blue.ぷらら.or.jpにお願いします。日本語部分等は適宜置き換えてくださいませ。
バーコード
ブログ内検索
アーカイブ
カウンター
since 2010.7.30
アクセス解析