忍者ブログ
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]
 
大垣ICにほど近い、養老鉄道烏江駅には、パテントシャフト&アクスルトゥリー製のダブルワーレントラスの一部が保存されている。これは杭瀬川と牧田川を連続して乗り越す牧田川橋梁の、牧田川を渡る部分にかかっていた174フィート4インチのダブルワーレントラスだ。

 
作に囲われていて、触ることはできない。雑草越しに遠巻きに眺めるのみ。


製造は左沢線最上川橋梁と同じくパテントシャフト&アクスルトゥリーなのだが、横桁にレーシングが施してある。見るからに、後年の補強だろう。

 
なにしろ、ブレースが「ない」場所もあるのだ。

 
このような形で保存されている。近づけないのは残念だが、保存されているということは、
この橋梁が果たした役割が、非常に価値あるものと考えられているということだろう。


地理院地図の空中写真(1974~1978)を見ると、この桁が現役だったころの様子がわかる。右川の杭瀬川のほうが水量があるが、スパンの長いこの桁が渡っている牧瀬川はあまりない。


「今昔マップ on the WEB」中京圏編を見ると、牧田川が杭瀬川と分けられる前の地図を見ることができる。かつては両川がここで合流していたため、たびたびの氾濫があった。この烏江周辺も、輪中となっており、いまも田んぼは「堤防に囲まれている」ようになっている。


■関連項目
英国系100フィートポニーワーレントラスの横桁考の整理ページ















PR
 
栗ノ木バイパス。信濃川の万国橋と鳥屋野潟付近とを結んでいた川を付け替え、埋め立て、バイパスとしたものだ。新潟バイパスの要・紫竹山ICと新潟島を結ぶ超重要な路線のため、非常に混雑が激しい。現在、完全立体交差化の工事が進行中である。

この計画は「都市計画道路 万代島ルート線」といい、柳都大橋の建設やその北側、西堀までつないだのもこの一環だ。

その過渡期の記録が上の写真。線路の南側だ。道幅66mほどに拡幅した後、両脇につけかえ、中央部に高架を建設する。両脇のは地域の道路となり、通過交通は高架を行くことになる。詳細は「くりのき通信」に詳しい。

 
ここで都市計画図を見てみよう(新潟市のサイトよりDL、回転させて真北をほぼ上にしたもの)。北側、万国橋付近までも高架化されると、「新潟市内の不可思議な道路」で紹介した東港線バイパスともつながるように見える。そこで左折し、ピア万代前の空きスペースを高架のまま進み、柳都大橋の現・上下線間に入り、信濃川を渡ったとろこで広小路の道と合流する。

その西端近く、いまは西堀広小路付近で終わっている感じがするが、そのままさらに西に進み、勝楽寺の墓地をどうするのか、そのあたりを直進してから左に折れて寺町の裏を進んで寄居町交差点に至る。西堀広小路から寄居町は、どのようになるのだろうか。





 
1972年に誕生したカプセル住宅・フローラ。そのひとつが自動車屋さんの横にあった。おそらく、かつてはサービスルームとして使われていたのだろう。側面には窓が増設されている。

正面の骨組みは装テンを思わせるが、これはもともとあったフードの骨組みと思われる。

 


spl.thnx:T.U.

 
2017年6月、北海道取材の往復で商船三井フェリーの大洗ー苫小牧航路(深夜便)を利用。往復とも「さんふらわあしれとこ」だった。写真は行き、大洗港。

 
狭くて、湿度が高くて、船と車の排ガスの臭いがだたよって、粉塵を感じる車両甲板の雰囲気に、いつもドキドキする。3・5ナンバークラスは階下へ。

 
内部でUターンして並べていく。


夕方便には、新しい「さんふらわあ ふらの」が就航していて、仕事の「内容の」都合としてはそちらがよかったのだが、仕事の「時間の」都合としては、深夜便のほうがいいので、往復とも深夜便で。非常に迷った。

* * *

帰り。苫小牧→大洗。


雨に濡れる苫小牧西港。同じくさんふらわあ しれとこ、スターンランプはトラック用。

 
大洗港と同じくサイドランプから。

 
車両乾板にて。写真左奥はどうやってターンして入れてるんだろ…。

 
大洗港。直角の位置に、さんふらわあのマークが見えている。RasandRoadさんから「ファンネルからさんふらわあさっぽろ」だとご教示をいただいた。











自治体が運営するバスは、行政区界で途切れる。この新見市営バスも、JR伯備線・芸備線の駅を中心に放射状に延びるが、やはり界までだ。


木谷線の終点・木谷付近にある、バスの車庫。エアロミディが半分だけ頭を突っ込んでいるが、乗務員としては雨天時にこれだけでも非常にありがたいだろう。

 
向かって右側についている建物部分が、休憩室だろうか。

こういう、人の流動としてはどん詰まりとなる場所にある最小限のバス車庫が好き。



新見市営バス系統図(PDF
同 時刻表(PDF)



Copyright (C) 2005-2006 SAMURAI-FACTORY ALL RIGHTS RESERVED.
忍者ブログ [PR]
カレンダー
01 2018/02 03
S M T W T F S
1 2
4 5 6 7 9 10
14 15 17
18 19 20
25 26 27 28
カテゴリー
twitter
twitter2
プロフィール
HN:
磯部祥行
性別:
男性
自己紹介:
メールはy_磯部/blue.ぷらら.or.jpにお願いします。日本語部分等は適宜置き換えてくださいませ。
バーコード
ブログ内検索
アーカイブ
カウンター
since 2010.7.30
アクセス解析