忍者ブログ
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]
 
新潟東港に係留されているフローティングドックふたつ。左は本間組の「にいがた7501」。右は不明。同じ形状をしているように見える。



PR
 
新潟東港で「ひゅうが」の公開があった。すでにネット上にはちゃんとしたレポートが多数あるので、詳細は割愛。ここではヘリコプター用の昇降機のディテールを掲載する。

 
内部はがらんどう。フェリーのトラック用の車両甲板のようだ。

 
エレベーターシャフト(といっていいのかな)。上部に見える機械は、床面が上昇した際、ここからピンが出て固定する役目…だと思う、見る限りは。



エレベーター昇降の動画。床面は、いったん甲板より上まで上昇した後、少し下がって固定される。動画のラストに、その際に、ピンが出てくるのが見える。

 
 

昇降は油圧。これがピストンで、伸び縮みすることでワイヤーを巻き取り、あるいは繰り出し、エレベーターを上昇・下降させる。













本日、高円寺にて開催された「道路Day2」にお越しいただきました皆様、ありがとうございました。主催ののがなさん、ご出演のぼんたさん、琉さん、たこさんのプレゼンも堪能いたしました。とても楽しい時間でした。

さて、私が採り上げた橋。ぜひご覧いただきたいので、下記にリンクを張ります。ぜひおたずねになってください。

IMG_3878_R.JPG
(泉大橋)


筑紫橋(北海道北竜町・秩父別町)
泉大橋(国道24号/京都府/木津川)
大堰橋(京都府) 吊桁の謎
珊瑚橋(岩手県北上市)
大橋 または大石田大橋(山形県/最上川)
出合橋(国道193号)
茂岩橋(北海道)
鹿島橋(静岡県)
鳥飼大橋(大阪府)

●カンチレバートラス以外
パテントシャフト&アクスルトゥリー/五行川橋梁(真岡鉄道)
江与味橋(国道429号/岡山県美咲町)
宇井大橋(国道168号)
韮生川橋
旅足橋(岐阜県)
国道17号旧道 境橋(新潟県二居渓谷)
初夏の境橋 
和賀仙人橋(岩手県)
根笠橋 トラスをトラスで補強した橋
青岩橋(岩手県二戸市・青森県三戸町)
姫川橋 中島武のコンクリートローゼ桁

(ブログ記事なし)
長生橋


●道路関係で私が手がけた本。ぜひ。(順不同)
東名・名神高速道路の不思議と謎(山形みらい)
中央自動車道の不思議と謎(藤田哲史)

国道?酷道!?大研究日本の道路120万キロ(平沼義之)
山さ行がねが(平沼義之)
山さ行がねが 伝説の道編(平沼義之)
廃道 棄てられし道(丸田祥三・平沼義之)

びっくり! すごい! 美しい! 「橋」と「トンネル」に秘められた日本のドボク(三浦基弘監修)


絶版ですが、原点です。
廃道本(平沼義之・永富謙)





 
飯田市郊外の郵便局。住宅街なので、局舎がいつリニューアルされてもおかしくない。

 
旧郵政書体。取り付けが歪んでいる。ここで冒頭の1枚目の写真をご覧いただくと、入口の上の「竜丘郵便局」の「郵便局」はいまの郵政書体だ。しかし「竜丘」はオリジナルのようだ。

 
 
平屋の大きな局舎。内部もゆったりしているのだろうか。






 
長野県道46号から見えるダム。堤高は8.5m、でも「ダム」と書いてある。これは、河川法では「ダム」ではなく「堰」に分類されるが、これは中部電力の発電用ダムであり、電気事業法では「ダム」と呼称するとのこと(参考:町田奈桜さんの「おぼえがき」)。

縦横比がしっくりくるシルエット、その幅全てがゲートであり、しかも向かって右には魚道がある。機能の塊みたいなのが、左右50mほどにぎっしり詰まっている。かっこいい。

 
 
お魚さんは、「偶然」これを発見して、徐々に登っていくのだろうか。

下の写真右上に見える水路は、そのまま水路隧道を通り、下流の和知野発電所に向かう。竣工は1939年というが、魚道もそのころからあったのだろうか。それとも後年の増設だろうか。




Copyright (C) 2005-2006 SAMURAI-FACTORY ALL RIGHTS RESERVED.
忍者ブログ [PR]
カレンダー
09 2018/10 11
S M T W T F S
2 3 6
7 8 9 10 11 12 13
15 16 17 18 19
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリー
twitter
twitter2
プロフィール
HN:
磯部祥行
性別:
男性
自己紹介:
メールはy_磯部/blue.ぷらら.or.jpにお願いします。日本語部分等は適宜置き換えてくださいませ。
バーコード
ブログ内検索
アーカイブ
カウンター
since 2010.7.30
アクセス解析