忍者ブログ
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7]
 
なにかの施設なのだが、いくつか「同じような意匠だなあ」と思うものがあった。でも、パスしていて、いくつめかで「これは規格品だ」と思って撮ったのが、上の写真である。

 
あれ? と思ったのは、どうもこれは「施設」だけ(?)ではなく、さまざまな使われ方がなされているのではなかろうか。これは部屋として使われているようだ。

 
こちらは物置というか、母屋にくっついているというか、いろいろくっついている。経年変化も大きい。

このカプセルハウスの正体をご存じの方は教えて欲しい。

なお、「フローラ」というものがあり、こちらはかなり有名だ。







PR

えぬ氏に誘われて円筒分水を見に行った。

 
比較的小さなもので、引いて見ると、このとおり。吹き出した水は2方向に分けられるが、それとは別に一つの水路が写真左下から写真右上に伸びている。つまに、見えている道路の脇には、水路が二つ、段になってくっついている。

 
辿っていき、振り返ると(上の写真奥、信号の向こうに円筒分水がある)、円筒分水とは別に三つの水路が見えた。

 
振り返ると、交差点の下に二つの開口部が見え、そこから流れてくる二つの水路のうち一つが分割され、さらに立体交差まである。

 
そこから10mばかり上流に行き、振り返ると、一つ上の写真の右端の水路から、同じく中央・左端の水路へ水を落とすこともできるようになっている。


その交差点の対角線上に、マンホールが見える。

 
一つ上の交差点の写真で白いクルマが見えているあたり。

 
そこで振り返る。

交差点を、対角線ではなく、そのまま渡ると、この「成相渓」の石碑がある。かつてここには「渓谷」があったのだろうか。住宅地なので、全然そうは見えない。

この水路に沿ってる家にお住まいの方にお話をうかがうと、とはいえ、ここに来ている水は成相ダムのものではなく、この時期にこれだけ水が流れているのも珍しいとのこと。また、「成相渓」についてはまったく知らないとのことだった。

実際に水路をたどりたいとはあまり思わないが、この立体交差の水路は非常にかっこよかった。





spl tx to えぬ氏









 
川上郵便局。「川上」というよくある地名そのままの郵便局は、検索すると、同名のものが全国にいくつかある。国鉄時代、駅名は原則として同じにしないという指針があったようだが(しかし、同じ駅名が3駅存在するなど、まったく徹底していない)、それは、例えば「大久保駅まで」と行った場合、新宿区の駅か、秋田県の駅か、兵庫県の駅を取り違えたら大変なので、それはそれでわかる。もっとも現在では、あいまい検索というか、経路検索で「東京」と入れると「どの東京ですか」って聞かれるのもまためんどくさくはあるけれど。

上に掲げた写真は、徳島県の川上郵便局。まるで国鉄末期の、基本は無人駅なんだけれど時々駅員がいることもできるように作られたカプセル駅のようだ。


カプセル駅 古津駅


こんな、比較的新しいと思われる局舎だが、古い郵政書体が残っている。
 

でも、立地も含めて、本当に駅のようだ。
 
とはいえ、よく見ると、帽子のような赤い鉢巻きの上は、一段外側に出っ張っていて、さらに屋根がかかっている。実はこの建物は切妻なのだ。赤い鉢巻きが建物をモダンに見せているが、案外古い建物なのかもしれない。




 
淡路島の外周路を走っていたら、造船所らしき光景が見えてきた。よく見ると、船の尻が覗いている。

 
船名はわからないが、クレーン部はSKK製だ。

 
すぐ近くでも、台船を建造中。


(すべて公道より撮影)


窓ガラスごしに、向こうが見えているのだと思った。

おそらく2台目カローラ。


Copyright (C) 2005-2006 SAMURAI-FACTORY ALL RIGHTS RESERVED.
忍者ブログ [PR]
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 17
18 19 20 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリー
twitter
twitter2
プロフィール
HN:
磯部祥行
性別:
男性
自己紹介:
メールはy_磯部/blue.ぷらら.or.jpにお願いします。日本語部分等は適宜置き換えてくださいませ。
バーコード
ブログ内検索
アーカイブ
カウンター
since 2010.7.30
アクセス解析