忍者ブログ
[1497] [1494] [1493] [1492] [1491] [1490] [1485] [1486] [1484] [1489] [1488]
北越急行にはいくつもの長大トンネルがあり、そのうち赤倉、薬師、儀明の三つのトンネル内に交換用の信号場がある。各停だけでなく「はくたか」もそこで停止し、「はくたか」や各停と行き違い、あるいは追い越される(以下、便宜的に「交換」とする)。その際、自車はトンネル内で停止しているが、交換する列車がトンネルに入ると風圧で車体が歪むのを感じ、自身の身体では耳ツンなどで気圧の変化を感じる。

今回、北越急行の上下列車に乗り、薬師峠信号場での気圧の変化を記録した。場所はここだ。


薬師峠トンネルは六日町起点18km937m04地点から始まり、延長は6199m17。薬師峠信号場はトンネルに入って4869m17の地点、西側出口近くの23km806m21にある。西側までは1330m00だ。

<関連記事>
北越急行十日町トンネルから信濃川橋梁へ
北越急行の地形的妙味(1)十日町


●838M(越後湯沢→直江津)の記録(薬師峠)

4年ほど前に撮った動画がある。12秒後くらいに、対向するはくたかが薬師峠トンネルに入るとHK-100の車体が歪むのがわかる。



気圧高度計を内蔵したハンディGPS(DAKOTA20)で表示された気圧と標高を下記に列記する。気圧はリアルタイムで見ることも外部に取り出すこともできないようなので、標高を見ていただくほうがいいと思う。標高が上がる=気圧が下がる、標高が下がる=気圧が上がる、ということである。計測は2両目後部。なぜか、GPS端末によるログと、スマホの時計で見ていた時刻に2分の差がある。当日、気圧の校正は高崎付近でしかしていないので、表示される標高はあくまでも「気圧を別の形で置き換えたもの」として読んでいただきたい。

乗車したのは2両編成の最後部。当日は遅れが発生していたので、交換待ちが長時間となっている。

14:--:-- 薬師峠トンネルに進入。東側坑口の標高は150m(以下単位省略)のはず。進入後、指示標高値は213から233まであがり、ゆっくりと180まで下がる
14:14:00 薬師峠信号場に停止。以降、14:20:00まで、176~174の間をゆっくり上下する
14:20:10 170 対向の「はくたか」がトンネル進入
14:20:15 64 一気に標高が下がる(気圧が上がる)
14:20:20 -20
14:20:25 -50
14:20:30 -84 もっとも気圧が上がった
14:20:35 -75
14:20:40 -56 「はくたか」が近づくにつれ気圧が下がる
14:20:45 69 「はくたか」と交換。一気に下がる
14:20:50 281 急激な気圧変化で負圧に晒され、耳が痛い 
14:20:58 306 もっとも気圧が下がった
14:20:55 273 「はくたか」が遠ざかるにつれて気圧は上がる
14:21:00 249
14:21:05 259
14:21:10 218
14:21:15 188 
14:21:20 155 828M発車。停車時より気圧が高い
14:21:25 165
14:21:30 230 発車後、一気に車内の気圧が下がる。耳が痛い。
「はくたか」はまだトンネル内にいる。「はくたか」とともにトンネル内の空気を吸い出している形になるのだろう。
14:21:35 261 
14:21:40 251
14:21:45 245
14:21:50 236
14:21:55 246
14:22:00 300
14:22:05 316
14:22:10 330
14:22:15 353
14:22:20 359
14:22:25 366
14:22:30 372 トンネル出口が見えている地点で、もっとも気圧が下がった
14:22:35 353
14:22:40 327
14:22:45 380 薬師峠トンネルから出る
14:22:50 172 ほぼ標高値は正確
14:22:55 166

実測してわかったのは、
・対向列車が入るとトンネル内の空気は圧縮されるので、気圧は上がる
・対向列車とすれ違い、対向列車が遠ざかると気圧は下がる
・自列車が発車すると、さらに気圧は下がる
ということだ。机上で考えればわかることでもあるが、実際に数字で見るのがおもしろい。


●835M(直江津→越後湯沢)の記録(薬師峠)

12:00:00 薬師峠トンネルに西側からゆっくり進入。
12:02:00 223m。薬師峠信号場で停車。気圧表示は1017kPa。
停車中、標高は223→218と少しずつ下がり、上がり、下がった。
12:04:05 182 対向の「はくたか8号」進入。160→200→191と上下する
12:05:35 184
12:05:45 193
12:05:55 193
12:06:20 191
12:07:10 201 徐々に気圧が下がってきた
12:07:12 238
12:07:14 267
12:07:15 275
12:07:20 282 「はくたか8号」が対向で通過 
12:07:25 257 一瞬、気圧が上がる
12:07:30 301 「はくたか8号」が遠ざかるにつれて気圧が下がる
12:07:35 374
12:07:40 390
12:07:45 ? 835M、発車。まだ気圧は戻っていない
12:07:50 399 もっとも気圧が下がった瞬間。約20kPa下がったか(単純計算はできないし私には難しい計算もできない)。トンネル内で2列車がお互いに出口に向かっている状態
12:07:55 395
12:08:00 301
12:08:05 166 気圧が一気に上がる。「はくたか8号」がトンネルから出た?
12:08:15 183 こちらはまだトンネル内。再び気圧低下
12:08:20 216
12:08:25 243
12:08:30 291
12:08:35 323 もっとも気圧が下がった
12:08:40 301 徐々に気圧上昇
12:08:45 250
12:08:50 235 気圧低下に反転
12:08:55 244
12:09:00 285
12:09:05 310 
12:09:10 327 三度、気圧低下
12:09:15 325
12:09:20 302
12:09:25 280 気圧の上下を繰り返す
12:09:30 260
12:09:35 257
12:09:40 260
12:09:45 276
12:09:50 290
12:09:55 291
12:10:00 284
12:10:30 270
12:11:00 223 耳ツンになる
12:11:15 218
12:11:18 193 薬師峠トンネルを東側に出る

…といった経緯を辿った。最後、12:11:00で耳ツンになったのがよくわからないのだが、出口が近くなってトンネル内の気圧の前線のようなものがあるのだろうか。
 
* * *

この三つの信号場で「はくたか」と対向できるのは2015年3月まで。体験するならいまのうちだ。

『鉄道ファン』2015年2月号に、「北越急行『はくたか』の時代」が掲載されている。元国鉄で、北越急行立ち上げ時に移り、のちに社長となった大熊孝夫氏による24ページにも及ぶ記事が掲載されている。北越急行は、首都圏対北陸のバイパス路線として収益をしっかり確保しているため、当初から国などが主導して成功が約束されていたように考えてしまうが、そんな簡単にできたわけではないことがよくわかる。

来たる3月で北越急行はこれまでの役割を終える。それでも、この鉄道の面白さは変わらないし、沿線の風景も大きくは変わらないだろう。これからも毎年、沿線を楽しもうと思う。

ほくほく大島駅付近。この青空、緑、グレーが大好きだ。
PR


Copyright (C) 2005-2006 SAMURAI-FACTORY ALL RIGHTS RESERVED.
忍者ブログ [PR]
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
10 11 12 13
25 26 27 28 29
30 31
カテゴリー
twitter
twitter2
プロフィール
HN:
磯部祥行
性別:
男性
自己紹介:
メールはy_磯部/blue.ぷらら.or.jpにお願いします。日本語部分等は適宜置き換えてくださいませ。
バーコード
ブログ内検索
アーカイブ
カウンター
since 2010.7.30
アクセス解析