忍者ブログ
[1035] [1034] [1033] [1032] [1031] [1030] [1029] [1028] [1026] [1025] [1027]
奈良県の十津川水系風屋(かぜや)ダムを回り込む国道308号の頭上にこれがある。この太さに圧倒される。

この太さ。

ズボッ!

この穴の向こう、山一つ超えた風屋貯水池から取水し、約8.7km下流の十津川第一発電所に水を送る水管橋である。上の穴あたりで標高約245m、十津川第一発電所の標高は約160m。

十津川第一発電所
野尻水路橋鉄管
最大設計水頭 66m000
最大使用水量 60.0m^3/SEC
総延長 384m523
橋梁部延長 217m000
最大径間(ランガー部) 65m000
内径 4.2m
管厚 10~32mm
使用材料 H.T.50.SM41W
総重量 777t
昭和35年8月竣工
製作者 石川島重工業株式会社

「ランガー部」とあるとおり、流路はランガーで跨いでいる。タイドアーチ部は水管が担っているのだが、水管の存在感があまりにも大きく、本当にアーチが役立っているのかという気になるほど。この部分の水管はアーチからの吊り材がかかる部分はフランジが大きくなっている。

こうして見ていると、掃除機や洗濯機のホースのようだ。






PR


Copyright (C) 2005-2006 SAMURAI-FACTORY ALL RIGHTS RESERVED.
忍者ブログ [PR]
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリー
twitter
twitter2
プロフィール
HN:
磯部祥行
性別:
男性
自己紹介:
メールはy_磯部/blue.ぷらら.or.jpにお願いします。日本語部分等は適宜置き換えてくださいませ。
バーコード
ブログ内検索
アーカイブ
カウンター
since 2010.7.30
アクセス解析