忍者ブログ
[1304] [1294] [1303] [1305] [1302] [1301] [1300] [1296] [1297] [1298] [1295]
カプセル駅 古津駅と同じ時期のものが、もうひとつある。越後線妙法寺駅だ。

古津駅と比べるとこじんまりとしているように見えるが、そうではない。天地方向が長いだけだ。この類似性は一目見ておわかりだろう。

  右側面と左側面。左側面、古津駅と同じ位置に換気扇がある。

ホーム側。古津駅と比べると、ドア右の窓がない。その右にドアふたつ、それぞれ事務室、トイレという配置は変わらない。

建物財産標。昭和55年12月28日、とある。ちきページ」妙法寺駅の項目を見ると、昭和45年無人化とあるが…

内部。左に窓口、中央に荷物用窓口。当時、越後線に時々乗っていた記憶としては、荷物車の連結はない(新潟にキユニやキニの配置はない)。越後線の記憶かどうかは定かでないが、キハ35やキハ45の一部を仕切って荷物置き場にしていた憶えはある。

昭和56年に撮った写真を見ると、女性が集札しているし、花が生けてあることから、なんらかの形で切符販売等の業務をしていたことがうかがえる。出入り口左に「キップ受箱」があるので、無人駅ということには変わりないだろう。

なお、この駅名表示板の文字は、他の駅でも見た気がするのだが、手元の写真では見つからない。

ホームへの出入り口。外側から見ると扉にもRがあるが、こうして見るとその框だけで、戸そのものは汎用品だ。

トイレ。古津駅と異なり、洋式だ。こちらも非常に清潔。


PR


Copyright (C) 2005-2006 SAMURAI-FACTORY ALL RIGHTS RESERVED.
忍者ブログ [PR]
カレンダー
10 2018/11 12
S M T W T F S
1
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリー
twitter
twitter2
プロフィール
HN:
磯部祥行
性別:
男性
自己紹介:
メールはy_磯部/blue.ぷらら.or.jpにお願いします。日本語部分等は適宜置き換えてくださいませ。
バーコード
ブログ内検索
アーカイブ
カウンター
since 2010.7.30
アクセス解析