忍者ブログ
[1] [2] [3]
豊富駅前で目に入った壁。共同石油の「G」マークと同じ青と赤の弧。同じ色だが、どこを見ても「G」マークもないし、共同石油の痕跡もない。

後日、別の場所で同じ模様と「G」マークを見つけ、これが共同石油の防火壁に施された意匠だということがわかった。

サービスルームやピットの大きさやいびつな形で残った敷地から、いろいろなことが去来する。
PR
黒石市内の幹線道路で目に飛び込んできた同心円。この配色は共同石油だが…?

果たして、駐車場に停まっているクルマの後ろに共同石油のGマークがあった。防火壁の翼端に、Gマークをイメージしたサークルを配したのだろうか。

暑い夏の朝だった。




富士川沿いの国道を避けて県道を走っていたら、3色のVの字が見えた。共同石油だ。サービスルームはいまでも使われているようだ。

2階のベランダがV字型を描いているのは、決して「落ちている」のではない。こういうデザインだ。その証拠に、1階の窓、これはきちんと上辺が斜めになっているし、ベランダの手すりも平行四辺形になっている。V字の底からは雨樋が地面に落ちる。クリックするとflickrに飛ぶので、そこで大きな画像で確かめて欲しい。

JOMOにもなっていないので、すでに閉鎖されて久しいはずだが、日影側となる壁面は白塗りもあまり剥げず、ストライプもあまり褪色もせずに残っていた。

壁の「外側」にGマークが残っていた。

 中垪和簡易郵便局の近くにあった農協施設の一角に、JOMOが生きていた。建物は事務所のようだ。

レギュラーのみ。

木造二階建ての事務所建物のディテールとして。背面には補強としてコンクリートで控え壁が取り付けられている。

窓ガラス。昔はこういうガラスをよく見たが、いまではレトロ扱い。

このような位置に農協倉庫が隣接する。

倉庫は、表からは長手方向を道路に向けているように見えるが、実はL字型で、背面には奥行きを軸方向とするもう一棟がくっついている。こちらにも扉があり、荷役用の屋根がかかる。


広島県北の県道沿いに、小さな給油所の跡があった。敷地内に入ったら、一度切り返してバックしないと軽量機につけないような敷地。軽量機を覆うばかりのキャノピー。小さいながらもピットも備えたサービスルーム。しっかりと敷地を囲う防火壁。現役時代はさぞかしすてきな給油所だっただろう。たとえJOMOの、あの緑の意匠にくるまれていたとしても。



Copyright (C) 2005-2006 SAMURAI-FACTORY ALL RIGHTS RESERVED.
忍者ブログ [PR]
カレンダー
05 2020/06 07
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
カテゴリー
twitter
twitter2
プロフィール
HN:
磯部祥行
性別:
男性
自己紹介:
メールはy_磯部/blue.ぷらら.or.jpにお願いします。日本語部分等は適宜置き換えてくださいませ。
バーコード
ブログ内検索
アーカイブ
カウンター
since 2010.7.30
アクセス解析