忍者ブログ
[265] [264] [263] [262] [261] [260] [259] [258] [257] [256] [255]
nagajisさんの『編集部録"』で恐れ多くも触れていただいたので、触発されて眺めてみた。

20100304-1.PNG



















の文字を。右向きで白目向いて下顎尽きだして唾飛ばして笑っている顔に見えなくもないが、なかなか図示しづらい。

 
高校生の頃、雁垂のノの部分を長く書いている友人がいた。「心」も垂れの中に収めてしまうのである。こうなる。
なんだか髪の長い女性的な漢字がする。とかいて「漢字がする」という誤変換はできすぎのような機がする。と、ここで「気がする」とちゃんと変換しろよ、atok。3000円くらいもしたんだからさ。

して、垂れ(「ノ」の部分)が長くなると、「戊」という形から垂れが遊離し始め、そこはかとなく「惑」という字に見えてくる。

20100304-3.PNG


















並べると、明らかに違うので、ちょっと細工してみる。

20100304-4.PNG






 
 














ああ。。。それぞれのパーツが主張し始めた。「心」の点々が、それぞれどこかに行ってしまいそうだ。

もろもろ調整して、「感」と隣り合わせてみよう。
20100304-6.PNG



















冒頭に戻る。「右向きの横顔に見える」と書いた。それがふたつあれば、正面に見えるのではないか? と思って、いろいろ試したら、こうなった。

20100304-5.PNG



















単純に、「感」の文字を並べ、右側を左右反転し、字詰めを詰めただけである。各パーツのバランスは崩していない。しかし、ごく一部で惜しいところがある。「心」の「乚」だけを、ほんの少し動かしたら完成だ。

20100304-7.PNG


















「心」が向き合う部分(なんていい表現なのだ)を口髭+ケツ顎のまじめな顔と見るか、ツルぴかはげ丸のように舌を出して上に向けているおちゃらけた顔と見るかは、見る人の感性に従うだろう。

「感」の持っていたポテンシャルを引き出すことができて、ちょっと嬉しい。



色を塗って完成。
20100304-8.jpg



PR


gbNobN
トラックバック:


Copyright (C) 2005-2006 SAMURAI-FACTORY ALL RIGHTS RESERVED.
忍者ブログ [PR]
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 6 7 8
11 12 13 14
19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリー
twitter
twitter2
プロフィール
HN:
磯部祥行
性別:
男性
自己紹介:
メールはy_磯部/blue.ぷらら.or.jpにお願いします。日本語部分等は適宜置き換えてくださいませ。
バーコード
ブログ内検索
アーカイブ
カウンター
since 2010.7.30
アクセス解析