忍者ブログ
[203] [202] [201] [200] [199] [198] [197] [196] [195] [194] [193]
漫画を見ていると、
「この作家は連続トラスしか描かない」
「この作家はローゼ桁しか描かない、しかも5径間連続とか」
などということに気づくようになった。
あまり考えずに描いているんだろう。

映画も同様である。
漫画と異なり、映像は流れてしまうので、
本筋とは無関係なものに気を取られることはよくない。
例えば、先日、『のだめ』の映画に行った。
フランスやらチェコやらでロケをしているのだが、
背景に見えた多数並んだアーチのヒンジが気になってしまった。


その『のだめ』のテレビドラマの最終回、福岡県大川市で
背景に連続トラスのようなものが大写しになる。
よく見ると、橋脚部分に向かって、逆三角形になっている。
カンチレバーだ!


「写真」に切り替えると、上横構がKトラスであることがよくわかる。

「のだめ ロケ地 大川」で検索すると、諸富橋だという。
「諸富橋」で画像検索。やはりカンチレバーっぽい。
「諸富橋」で検索。なんだ、歴史的鋼橋じゃないか。
しかも「筑後川有料橋溶接トラスについて」という論文があるという。
有料道路だったのか。
すぐ下流の、元国鉄佐賀線の昇開橋とともに、
調べれば調べるほど物語がありそうである。
PR


Copyright (C) 2005-2006 SAMURAI-FACTORY ALL RIGHTS RESERVED.
忍者ブログ [PR]
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
2 3 4
10
16 17
21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリー
twitter
twitter2
プロフィール
HN:
磯部祥行
性別:
男性
自己紹介:
メールはy_磯部/blue.ぷらら.or.jpにお願いします。日本語部分等は適宜置き換えてくださいませ。
バーコード
ブログ内検索
アーカイブ
カウンター
since 2010.7.30
アクセス解析