忍者ブログ
[1532] [1534] [1533] [1531] [1530] [1523] [1529] [1528] [1527] [1526] [1525]
丸田祥三さんの長野電鉄屋代線廃線跡取材のお供をした際、須坂の街中でヨ5000のきれいな廃車体を見かけた。ヨ5000といっても13500番台で、つまりはヨ3500の改造車だ。近寄ってみると、なんとカレー店だ。ちょうど昼時だったこともあり、入ることにした。

向かって右のヨ13824がキッチン、左のヨ13581が客室。ということは、かつて鬼無里にあった車両だ。それをきれいにレストアして使用している。

キッチン内には食券の自動券売機がある。キッチン車は熱がこもるのか、ものすごく暑く、サウナのようだった。鉄道車両をキッチンにする場合、熱の排出はもっとも考えなければならないことかもしれない。

客室内は、予想外にヨ5000そのままだ。窓枠も、天井も。網棚すら「網」のままだ。それなのに「客室」たる十分な設備を有している。色味はすべて変えられているが、それでも真岡鐵道の車両の外装ような青緑色の壁と赤い椅子が、これまた違和感なく収まっている。

壁が青く見えるのは露出のせい。
これは配電盤だろうか。左は「尾灯」、右は「室内灯」と書いてある。蓋こそついているが、オンオフのスイッチだろうか。


こういう飲食店は設備だけがウリで料理がアレな場合が多々あるが、ここのカレーもナンもとてもおいしかった。普通の店舗形式のネパール料理店とまったく変わらなかった。つまり、設備の分だけ楽しさが増している。ランチは850円。またぜひ行きたい。


spcl.thnx 丸田祥三さん




PR


Copyright (C) 2005-2006 SAMURAI-FACTORY ALL RIGHTS RESERVED.
忍者ブログ [PR]
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
2 3 4
10
16 17
21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリー
twitter
twitter2
プロフィール
HN:
磯部祥行
性別:
男性
自己紹介:
メールはy_磯部/blue.ぷらら.or.jpにお願いします。日本語部分等は適宜置き換えてくださいませ。
バーコード
ブログ内検索
アーカイブ
カウンター
since 2010.7.30
アクセス解析