忍者ブログ
[1539] [1537] [1538] [1536] [1535] [1532] [1534] [1533] [1531] [1530] [1523]
「電柱・電線は、何故、埋めたくなるのか」(内田祥士)
電柱のない仮想空間の続き。

東洋大学朝霞キャンパスの、ライフデザイン学部創立10周年を記念したシンポジウム、仲綾子准教授による「建築写真には、何故、人が居ないのか」というテーマが写真論的におもしろく拝聴した。

http://www.toyo.ac.jp/site/hld/72468.html

仲さんは、学生の頃から、なぜ「建築写真」には人が写っていないのかを疑問に思っていたそう。「建築写真」とは、建築雑誌に載っているような、竣功写真やそれに近い写真をいう。そこに写っているのは「作品」であり、ほとんどの場合は人が写っていない。



個人的に、「建築」というのはとても特殊な世界に感じていて、よく趣味者が「鉄道趣味は怖いから手を出さない」というように、私 は「建築が怖い」。私が知っている建築界隈の方々の持つ視点や洞察に圧倒されるということもあるが、あるいは「建築鑑賞」には世界の芸術史にすら通じてなければならない気もする。

後者のそんな敷居の高さを感じる象徴が建築写真の存在だ。人が写っていない、無機質な、説明的な写真。心を揺さぶるような「作品性」のある写真ではない、絵葉書のような美しい写真。内輪のロジックで作られた世界。そんなイメージだ。

このことは、仲さんに限らず、他の建築関係者も、建築雑誌関係者も意識している人もいるのだ、ということを知ることができた。私はなんとなくしか建築写真を知らないので、ここでは「パースが補正された、人が写っていない、竣功写真」を「建築写真」として話を進める。的外れなことを書くかもしれないが、そのあたりはご容赦いただきたい。



仲さんの気づきと考察がいくつも展開されたのだけれど、特に印象に残ったのはプロポーザルと竣功写真の話。それは、こうだ。

建築コンペがあるとする。その建築のプロポーザルはイラストであり、そこには、建築内を闊歩する人が描いてある。しかし、描かれた人物には個性も人間性もなく、ただスケールの参考、使用例として放り込まれているだけだ。そしてそのコンペを勝ち取り、実体化したあとの竣功写真には人が写っていない



また、仲さんは「建築家は、建築家のために建築を考えてきた」(伊藤豊雄。『対談集 つなぐ建築』隈研吾著)という言葉を引き、建築雑誌を見るのは専門家であり、独自の文脈があるからこれでよい、建築雑誌は、その文脈に乗っているから、これでよいと思われていることを解説する。この説は、建築誌の編集長だったという観客の方(お名前は覚えているが、どの媒体化わからないのでここでは肩書きとする)からの
・竣功写真は人がいないのは「できた瞬間が最高の状態、あとは劣化していくだけ」だから
・建築家は受注の時点で巨額(=パトロン)を得て自分の思想を入れていく。自分に仕事が来る仕事作りをしているので、「作品の写真」を残す
・人がいないと「作品」、いると「作品ではない」。人の存在のインパクトは建築を超える、建築がかすんでしまう
というような話で補強された。



ほかにもいくつもの気づき、そこからの考察があったのだが、つまりは「写真論」に収斂していく。それはそうだ、建築写真「家」が何人もいるのだから。

現在、建築界隈は、「建築写真家」の写真論のみで展開しているようだ。しかし、『CASA BRUTUS』等に掲載される建築は、人がたくさん写っている。これは、『CASA…』に携わるカメラマンが「建築写真家」の配下にいないために起きたいい例だ。

私が思ったのは、建築写真も、後述する土木構造物写真も、「写真に記録して、そこから読み取る」ことが主眼だから、人を排除しているのではないかということ。被写体だけを見つめたいという状況は、確実にあるのだ。



「建築写真」というのは、鉄道写真でいえば、竣功写真と同じ文脈を持つ、完成された形だ。



これは西尾克三郎の代表作のひとつで、汽車製造会社(現・川崎重工)による竣功写真だ。鉄道写真というのは長らくこうした「車両の姿を記録するもの」が正統とされていて、いまの鉄道趣味誌(車両を対象とするものが多い)もその多くは形式写真ないし「編成写真」で占められている。

形式写真にはいくつかセオリーがあって、高曇りの日に、足回りまで明るく、「シチサン」で、1エンド(「前」と定義される部分)が左、蒸気機関車であればメインロッドが一番下にある、電気機関車や電車であればパンタグラフが上がっている、窓が全部閉まっている、など、まさに建築の竣功写真と同じ感覚だ。

鉄道写真は、その趣味人口の多さから、さまざまな「鉄道写真」に分化した。「作品」を撮る個性的な写真家も数多く、web上でもいろいろな写真を見ることができる。しかし、建築については、関心を持つ人の多さに比べて、あまりにも、愛好家の間での写真が発展していないのではないか。



このように、遠近感が生じることを端から諦めているのは、いかがなものか。



などと考えても、建築は、被写体が大きすぎ、動かすこともできないし自分の立ち位置も限られるというように、制約があまりに大きいから、鉄道写真と同列に言うのは酷だろう。これは、私が橋や土木構造物の写真を撮るときにも常に感じていることで、どうやっても、やはり、「もっとなんとかならないのかよ」と悶絶するような撮り方しかできていない。

 
 

建築写真は「土木写真」とも通じる、写真表現としては、ひとつの完成した型はありながらも、まだまだ愛好家による「これから」が期待できる分野だと思う。そのためには、ダムや道路の写真のように、写真から読み取るのが目的「ではない人たち」がたくさん出てこなくてはならない。そういう写真が、もう少し、建築写真の中で勢力を持ってもいいのかな、と感じる。

建築写真の手法を他のものに応用する手法は、近年、多く見かける。いまや、アオリができる撮影システムでなくても、PCで簡単にデパースでき てしまう。デパースしたものを羅列して眺めると、本来のパースを捨象できるので、新たな気づきも出るし、その表現そのものが新鮮だ。もちろん、そこには人影はない。そんな写真の流れがあるのに、本家である建築写真に逆行しろというのも妙な感じがしないでもない。

いま、鉄道マニアではないごく普通の人も、「電車の写真」は日常的に撮っている。建築や土木も、そういう被写体になったら、もっと、建築の敷居は下がるのかもしれない。


PR


Copyright (C) 2005-2006 SAMURAI-FACTORY ALL RIGHTS RESERVED.
忍者ブログ [PR]
カレンダー
12 2018/01 02
S M T W T F S
4 5 6
7 8 9 10 11 12
17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリー
twitter
twitter2
プロフィール
HN:
磯部祥行
性別:
男性
自己紹介:
メールはy_磯部/blue.ぷらら.or.jpにお願いします。日本語部分等は適宜置き換えてくださいませ。
バーコード
ブログ内検索
アーカイブ
カウンター
since 2010.7.30
アクセス解析