忍者ブログ
[2035] [2034] [2024] [2031] [2029] [2033] [2032] [2028] [2027] [2023] [2026]
第3期・第4期真人沢水路橋(小千谷発電所用)の続き。

 
真人沢水路橋(まっとさわ)を過ぎ、道なりに1~1.5車線の県道を進む。写真右にあるように、県道は山裾をなぞるように敷かれ、谷側には田が広がる。

 
そんな真人沢をまたぐ、マッス感あふれる橋。これが「第5期真人沢水路橋」だ。

 
こちらの水路は、第3期・第4期真人沢水路橋よりもはるかに高い、標高150m付近にある。

 
近代的な外観。この中を水が……

 
上から覗いてみたくて、道を歩いて上る。

 
鋼製なので塗装標記がある。

 
コンクリート部分についていた銘板。

真人沢水路橋
設計 信濃川工事事務所
施工 日産建設(株)
設計荷重 53.0t/m
 けた自重 5.5t/m
 水荷重  42.8t/m
 雪荷重  47t/m
基礎 直接基礎
基礎根入 けた座面から2.5m
着手 昭和63年3月
しゅん功 昭和63年10月


(カシミール3D+地理院地図+スーパー地形セット)

第3・4期、そしてこの第5期真人沢水路橋の走る導水ルートは、地形図ではわかりにくい。右下からきている青い破線は第3・4期のもので、一見、山本第二調整池に入っているように見えるが、第二調整池の湖面標高は140mほど。水路より40mほども高い。つまり、山本第二調整池の下をくぐり、山本調整池に入る。そして小千谷発電所に至る(二つある発電所マークの左のほう)。一方、左下から来たこの水路は第二調整池に入り、新小千谷発電所(二つある発電所マークの右側)に入る。


PR


Copyright (C) 2005-2006 SAMURAI-FACTORY ALL RIGHTS RESERVED.
忍者ブログ [PR]
カレンダー
08 2019/09 10
S M T W T F S
2 3 4 5 6
10 11 14
15 16 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
カテゴリー
twitter
twitter2
プロフィール
HN:
磯部祥行
性別:
男性
自己紹介:
メールはy_磯部/blue.ぷらら.or.jpにお願いします。日本語部分等は適宜置き換えてくださいませ。
バーコード
ブログ内検索
アーカイブ
カウンター
since 2010.7.30
アクセス解析