忍者ブログ
[108] [107] [106] [105] [104] [103] [102] [101] [100] [99] [98]
20090718ootouge3.jpg








合流地点では、新道は橋である。
その下でしばし雨宿り。
頭を雨から守ってくれたヘルメットをパチリ。

ここから新道である。
大峠トンネルは上り勾配で、以後はほぼ下り勾配のはず。
大峠トンネルに向けてこぎ出す。

歩道上にDVDがたくさん落ちている。
どれもこれも雑誌の付録のやつだ。
拾う価値なし!

大峠トンネル手前で道路工事をしており、片側交互通行となっていた。
こちらは自転車なので何事もなく通過。
大峠トンネルは歩道のようなものがある。
最初は道路を走っていたが、やはりこわい。
狭くても歩道のようなものの上を走る。

すぐに両膝が痛くなってきた。
ランニングでサポーターをしないとすぐに痛くなる、持病みたいなものだ。
いや、これはかなり痛い。
長さ4kmで100m以上の高度を稼ぐ大峠トンネルを抜けたあと、
チェーン脱着所にへたりこんだ。
膝が痛い。

ここからだましだまし行くことになる。
ほぼすべて下りだったのが幸い。
ほとんど膝をうごかさずとも進める。
・・・うう、腹も減ってきた。

ガンガン下り、日中ダムにて物販所があった。
食堂の幟もあった。
しかし、すでに営業していなかった。まだ3時すぎなのに。。。

ここで一端道の素性はR121から県道となり、オメガカーブを下る。
オメガの口を巾着状に縛るように、新道が建設中であった。

そして熱塩へ。
dbf0e0a3.jpg2c43b25d.jpg








日中線記念館は開いていた。
展示してあるキ100やオハフ61の車内にも入れた。
オハフ61。
懐かしい。
子供のころ、最初はこの板張りがイヤで避けていたが、
そのうち好んで乗るようになった。
背もたれなど、クッションつきだろうか板だろうが、あまり関係ないというのが実感だった。
PR


Copyright (C) 2005-2006 SAMURAI-FACTORY ALL RIGHTS RESERVED.
忍者ブログ [PR]
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
10 11 12 13
25 26 27 28 29
30 31
カテゴリー
twitter
twitter2
プロフィール
HN:
磯部祥行
性別:
男性
自己紹介:
メールはy_磯部/blue.ぷらら.or.jpにお願いします。日本語部分等は適宜置き換えてくださいませ。
バーコード
ブログ内検索
アーカイブ
カウンター
since 2010.7.30
アクセス解析