忍者ブログ
[112] [111] [110] [109] [108] [107] [106] [105] [104] [103] [102]
42b7155c.jpg


せっかくの上路プラットトラスが、、、美しい上路プラットが、、、
上路トラスを美しいと思うには、多少の桁下高さも演出として必要なんだと思った。


この長谷川橋梁は、鉄道院の設計によるもの。
他のアメリカ製長支間トラスと同時期ではあるが、
日本人の設計で、日本人が作ったもの。新橋工場製だ。
だが、「ただし」がつく。

トラスの部材は、それ以前に作られたものだ。
東海道本線(現御殿場線区間)の第4相沢川橋梁の転用で、
開通は1889年開通、105ftの上路プラットトラス(ピン結合)であった。
こいつを換骨奪胎して新橋工場が作ったのが長谷川橋梁である。
果たして部材の製造はどこだったのか。

第4相沢川橋梁と開通時期も撤去時期も同じ第1~第3相沢川橋梁は200ftの単線ダブルワーレン、
これの製造はパテント・シャフト&アクスルトゥリーである。
これらは1901年の複線化の際に、A&Pロバーツ製の200ft曲弦プラットに架け替えられた。
参宮鉄道(現参宮線)には同じ105ftの単線上路プラットトラスが架けられたが、
製造所不明、1897年製である。


橋脚は切石積み。
といっても旧長野隧道ほどの感動はないので、言われるまで気づかないほどだった。
「すごくいいもの」、すなわち旧長野隧道のことだが、それを最初に見てしまうと
それより「普通」のものに感動できなくなる、ということに改めて気づいた。

(20091114一部修正)

PR


Copyright (C) 2005-2006 SAMURAI-FACTORY ALL RIGHTS RESERVED.
忍者ブログ [PR]
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 17
18 19 20 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリー
twitter
twitter2
プロフィール
HN:
磯部祥行
性別:
男性
自己紹介:
メールはy_磯部/blue.ぷらら.or.jpにお願いします。日本語部分等は適宜置き換えてくださいませ。
バーコード
ブログ内検索
アーカイブ
カウンター
since 2010.7.30
アクセス解析