忍者ブログ
[111] [110] [109] [108] [107] [106] [105] [104] [103] [102] [101]
続いて、釜ノ脇橋梁である。
場所はここだ。



5a99c698.jpg








これまた見事なペンシルバニア・トラス。
写真では、阿賀野川の河床は見えるべくもないが、
実際には中央支間の下が深く、その両脇支間の下は浅い。

ピントラスのもっとも美しい部分だと私が思う、下弦のアイバーは
中央パネル2格間部分にしかない。
これは、左右から張り出して架設するという方法を取ったためだという。

かつては緑色に塗装されていた。

南側の県道は、この区間、スノーシェッドに覆われており、
東側坑口にクルマを止めて歩いた。
線路面の高さには出ることができない。
・・・いま思いついたが、スノーシェッド内からシェッドの天井に出る
通路があるかもしれない。それを行けばよかったか?

北側からアプローチすれば、あるいは線路面に出られるかもしれない。
事実、銘板を撮影してあるサイトもある。
面倒がらずに迂回して、銘板を撮っておくべきだった。
PR


Copyright (C) 2005-2006 SAMURAI-FACTORY ALL RIGHTS RESERVED.
忍者ブログ [PR]
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
2 3 4 5 6 7
8 11 12 13 14
15 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリー
twitter
twitter2
プロフィール
HN:
磯部祥行
性別:
男性
自己紹介:
メールはy_磯部/blue.ぷらら.or.jpにお願いします。日本語部分等は適宜置き換えてくださいませ。
バーコード
ブログ内検索
アーカイブ
カウンター
since 2010.7.30
アクセス解析