忍者ブログ
[490] [489] [488] [487] [486] [485] [484] [483] [482] [481] [480]
先に紹介した
上淀川橋梁(東海道貨物線)
上淀川橋梁(東海道貨物線) その2
吹田~新大阪間の経路変更は1912年か1913年か
東海道本線上淀川橋梁(上り内外線)(貨物線の桁との比較)
本庄水管橋(新淀川)と新淀川大橋と東海道本線上淀川橋梁(下り内外線)
の続き。

東海道本線上淀川橋梁の3複線と、R423新淀川大橋の間にこの歩道橋はある。


20110207-02.JPG「別に歩道橋にしなくても、横断歩道にして、土手に階段つければいいじゃないの」と思うような歩道橋。後述するが、周辺にいくつかある。

この歩道橋、よく見ると鋼製(たぶん)橋脚だ。土手側の橋脚も鋼製だ。

20110207-04.JPG20110207-03.JPG左が橋脚。右は桁裏。

床版こそボルト留めしてあるが、桁はリベット留めだし、鋼製橋脚ももちろんリベット留め。

20110207-05.JPG階段部分もリベット留めでつくられてて、踏み板の裏には数列の補強材がボルト留めしてある。

登ってみる。
20110207-06.JPG『豊崎二之橋』。単なる歩道橋にしては大仰…。

堤防上に達すると、上淀川橋梁がこう見える。
20110207-07.JPG

さて、先に「別に歩道橋にしなくても、横断歩道にして、土手に階段つければいいじゃないの」と書いた。では、わざわざ歩道橋にしてある理由とは?

1961年の航空写真を見てみた。
20110207map.jpg『国土変遷アーカイブ』のこのページより抜粋。黄色い矢印が、この豊崎二之橋である。

わかりづらいと思うが、この豊崎二之橋の下は川になっている。これは長柄運河といい、1967年に埋め立てられてしまったものだ。いまでこそあまり意味のない歩道橋に見えるが、当時は新淀川の堤防に達する立派な橋だったのである。

この水路は、航空写真を東へたどると毛馬閘門に行き着く。毛馬第一閘門の西側に舟溜まりになっているような場所が、長柄運河の痕跡である。


これについてあらかた調べ終わり、別のことで検索していると、またしてもこのすばらしいサイトにあたった。
十三のいま昔を歩こう

最初からこのサイトを見ればよかったよ\(^o^)/


なお、こうした橋がいくつか残っているのだが、不思議な遺構もある。

大きな地図で見る

これはなんだろう?

PR


gbNobN
トラックバック:


Copyright (C) 2005-2006 SAMURAI-FACTORY ALL RIGHTS RESERVED.
忍者ブログ [PR]
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
2 3 4
10
16 17
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリー
twitter
twitter2
プロフィール
HN:
磯部祥行
性別:
男性
自己紹介:
メールはy_磯部/blue.ぷらら.or.jpにお願いします。日本語部分等は適宜置き換えてくださいませ。
バーコード
ブログ内検索
アーカイブ
カウンター
since 2010.7.30
アクセス解析