忍者ブログ
[128] [127] [125] [124] [123] [122] [121] [120] [119] [118] [117]
磐越西線当麻橋梁。
いまのこの橋は、横側橋梁製であり、アメリカン・ブリッジ製ではない。
20090912taima.jpg20090912taima2.jpg












































下の写真手前に、古い橋脚が見える。
かつて、ここに上路式のアメリカン・ブリッジ製のトラスがかかっていた。
それも、わずか15年ほどの間である。

この下流に鹿瀬ダムが造られることになり、上路式では冠水の懼れが生じた。
そのため、下路式の橋梁を設置することになったものだ。
旧橋梁、3径間のそれぞれは、現在の秩父鉄道に転用されている。
7月3日の押手沢橋梁は、かつてここにあった桁である。

架け替えにともない、ルートの変更が生じた。
そこは、短いながらも廃線跡の趣がいまも残る。

昭和51年撮影の航空写真を見てみよう。
国土地理院のサイトより引用、トリミング)
20090912taima3.jpg













画面右手が日出谷駅。
そこから左(西)に向かう現在の磐越西線のすぐ下(南)に、
道型が残っている。

ここは川霧が発生しやすいのか、鉄道写真として発表されているものにも
川霧と絡めてあるものが多い。
私が行った翌日、この場所で撮影された写真が、雑誌に大きく載っていた。


PR


Copyright (C) 2005-2006 SAMURAI-FACTORY ALL RIGHTS RESERVED.
忍者ブログ [PR]
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
2 3 4
10
16 17
21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリー
twitter
twitter2
プロフィール
HN:
磯部祥行
性別:
男性
自己紹介:
メールはy_磯部/blue.ぷらら.or.jpにお願いします。日本語部分等は適宜置き換えてくださいませ。
バーコード
ブログ内検索
アーカイブ
カウンター
since 2010.7.30
アクセス解析