忍者ブログ
[1332] [1331] [1333] [1329] [1328] [1327] [1326] [1325] [1324] [1323] [1322]

桐原駅。コンパクト。この縦長の窓があると、公衆トイレの建築が同じ文脈だなと感じる。

ホームと駅舎の位置関係。改札をするようにはできていない、つまり無人駅の駅舎として建てられている。『国鉄駅名全百科』(昭和55年刊)でも無人駅のマーク。『国鉄全線各駅停車 中央・上信越440駅』では、改築前の木造駅舎の写真が小さく掲載されている。『日本の駅』(鉄道ジャーナル社)には「被管理駅・委託駅・無人駅」に分類されているので、昭和47年の時点で無人駅だったのかもしれない。

ホーム側に張り出している部分は待合室。向かって左側は事務室だが、事務室からホームに直接出る扉がない。また、駅舎妻面(といえるのだろうか)にあるドアは物置だろうか。事務室内部に階段が会ったら興味深い。

建物財産標がある。

建物財産標

本屋
03-1
昭和59年3月31日

施工者 日本営繕株式会社
構造 RC-1F (※鉄筋コンクリート1階建て、だろうか)
基礎 布
支持力・地耐力
屋根防水 ゴムシート(ア)1.2mm (※アスファルト、だろうか)
許容耐雪量 100cm
面積 ■m^2 (※なぜ塗りつぶしてあるのだろう)

待合室内。最初から無人駅として建てられたはずなのに。臨時窓口を設けたときのためだろうか。



ホームはかなり嵩上げしてある。現在は棒線だが、かつては写真左側にも線路があった。

現在の駅名標。

19742179.jpg1982年頃撮影の、かつての駅名標。この太い文字、いいなあ。アルファベットの全角感。

PR


Copyright (C) 2005-2006 SAMURAI-FACTORY ALL RIGHTS RESERVED.
忍者ブログ [PR]
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
2 3 4
10
16 17
21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリー
twitter
twitter2
プロフィール
HN:
磯部祥行
性別:
男性
自己紹介:
メールはy_磯部/blue.ぷらら.or.jpにお願いします。日本語部分等は適宜置き換えてくださいませ。
バーコード
ブログ内検索
アーカイブ
カウンター
since 2010.7.30
アクセス解析