忍者ブログ
[41] [40] [39] [37] [36] [35] [34] [33] [32] [31] [30]



剱岳の正字の篇、すなわち「検」の旁である。
なんだか歩き出しそうである。
しかも、左の「人」は左へ、右の「人」は右へ。
インベーダーの一番上のキャラにも見える。



文字のゲシュタルト崩壊とは異なるが、単語もそれと同じような作用を起こすことがある。
この「つるぎ」である。

かつて、大阪と郷里・新潟とを結んでいた夜行列車の名称であった。
時刻表に慣れ親しんでいた身として、「つるぎ」は常に意識していた。
小学生のとき、初めて東京の交通博物館に行った際、
かつて存在していた「つるぎ」のヘッドマークのピンバッジを買ったほどである。
そのデザインは秀逸であった。

しかし、「つるぎ」?
ふといまになって疑問に思う。
新潟県人に馴染みのある山名ではない。
剱岳の位置を言える新潟県人など、どれほどの数がいるものか。
その名称を当然のものとして受け入れていた小学生の自分に、
強烈な違和感を感じる。
私の中では、ゲシュタルト崩壊と同カテゴリの精神作用である。

なお、列車名が「つるぎ」となったのは、元々は富山までの列車であったのが、
新潟まで延長された際に、そのまま踏襲されたものである。
最初から新潟行の列車に「つるぎ」と名付けたわけではない。
PR


Copyright (C) 2005-2006 SAMURAI-FACTORY ALL RIGHTS RESERVED.
忍者ブログ [PR]
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
2 3 4 5 6 7
8 11 12 13 14
15 18 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリー
twitter
twitter2
プロフィール
HN:
磯部祥行
性別:
男性
自己紹介:
メールはy_磯部/blue.ぷらら.or.jpにお願いします。日本語部分等は適宜置き換えてくださいませ。
バーコード
ブログ内検索
アーカイブ
カウンター
since 2010.7.30
アクセス解析