忍者ブログ
[35] [34] [33] [32] [31] [30] [29] [28] [27] [26] [25]
物語としてどちらがおもしろかったかといえば、もりた版である。

阿井版は、タイトル通り妻の目からみた三島の存在感であり、
三島と家族(二人の権妻を含む)の物語である。
史実の細かな記述があるので、そういう面では資料たりうる。
ただし、物語としてはエピソードごとに数か月ほど前後したりするので
スッと頭に入ってこない。

もりた版は、高橋由一が主題ではあるが、
本書の主題である由一と三島との関係を結ぶ高崎正風や
岸田吟香(岸田劉生の父)の名脇役ぶりが楽しい。
由一や通庸の人物像はしっかりと固定されているのも読みやすい。
由一にとっての三島の存在と、三島にとっての栗子隧道の存在が
同等、同格に描かれていると感じる。


雪がなくなるころ、栗子隧道に行こうと思う。
PR


Copyright (C) 2005-2006 SAMURAI-FACTORY ALL RIGHTS RESERVED.
忍者ブログ [PR]
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 17
18 19 20 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリー
twitter
twitter2
プロフィール
HN:
磯部祥行
性別:
男性
自己紹介:
メールはy_磯部/blue.ぷらら.or.jpにお願いします。日本語部分等は適宜置き換えてくださいませ。
バーコード
ブログ内検索
アーカイブ
カウンター
since 2010.7.30
アクセス解析