忍者ブログ
[33] [32] [31] [30] [29] [28] [27] [26] [25] [24] [23]
もりた版である。

新潮日本美術文庫23『高橋由一』によれば、
明治14年10月25日付の新聞に、山形滞在時に
由一は10点を仕上げたとの記事があるという。
しかし、もりた版では「栗子山隧道図」のみを納めたように描かれている。

確かに、物語の筋からいえば、山形滞在中には「栗子山隧道図」だけを
悩んで悩みぬいて仕上げる、というのが話が作りやすいであろう。
しかし、読者はこれを事実と受け止めてしまう。
縁戚の「和子」とのこと(これも事実か否かは不明)なども、事実と受け止めてしまう。

物語の展開上、人物を創作してしまうのはよくあることである。
手塚治虫もよく使う手法である。
だが、こんなんでいいのか、物語というのは?

PR


Copyright (C) 2005-2006 SAMURAI-FACTORY ALL RIGHTS RESERVED.
忍者ブログ [PR]
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリー
twitter
twitter2
プロフィール
HN:
磯部祥行
性別:
男性
自己紹介:
メールはy_磯部/blue.ぷらら.or.jpにお願いします。日本語部分等は適宜置き換えてくださいませ。
バーコード
ブログ内検索
アーカイブ
カウンター
since 2010.7.30
アクセス解析