忍者ブログ
[84] [83] [82] [81] [80] [79] [78] [77] [76] [75] [74]
小坂鉄道の立地は、一見、不思議に見える。
なぜ、小坂からわざわざ峠を越えて茂内に出てから大館に向かうのか?

現在の鉄道路線図を見ると、そのまま小坂川(米代川の支流)を下って
十和田南駅につなぐのが自然に見える。
十和田南駅から大館駅へは、やはり米代川沿いなので極端な勾配もない。
と思う。(あとで調べてみよう)
遠回りでも、勾配の少ないほうを選ぶのがセオリーである。
北海道の、函館から札幌を見よ。


kosaka_map.jpg










鳥瞰図にすると、こうなる。

#カシミール3Dで作製。高度2万4000mより北を見る。レンズ50mm。


しかし、花輪線が、大館から毛馬内(現・十和田南)に延伸したのは大正4(1915)年。
小坂鉄道が大館まで通じたのは明治41(1908)年。しかも762mm。

現在から見れば、最初から1067mmで毛馬内に向けておいて
ちょっと我慢すればよかったのに。と思う。
当時の大館~毛馬内を開通した秋田鉄道と、なにか因縁でもあったのだろうか?

PR


Copyright (C) 2005-2006 SAMURAI-FACTORY ALL RIGHTS RESERVED.
忍者ブログ [PR]
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリー
twitter
twitter2
プロフィール
HN:
磯部祥行
性別:
男性
自己紹介:
メールはy_磯部/blue.ぷらら.or.jpにお願いします。日本語部分等は適宜置き換えてくださいませ。
バーコード
ブログ内検索
アーカイブ
カウンター
since 2010.7.30
アクセス解析