忍者ブログ
[607] [606] [605] [604] [603] [602] [601] [600] [599] [598] [597]



20110831_008.JPG上遠別。北海道の日本海側、遠別町から南東方向に天塩山地に30km以上分け入ったところにある。道路は道道688号遠別名寄線。

20110831_006.JPG37kmほどさかのぼったところで通行止めである。ここは正修地区。

ここまで、すれ違うクルマはゼロ。路面にはバッタが大量に発生しており、バイクで行ったのだが、靴やズボンにバチバチ当たる。バイクやズボンに、バッタの死骸がついてしまったのはかなり辛かった。現地に到着したときには、もちろん誰もいない。私ひとりだけの空間だった。(撮影の時系列が前後しているので、上の画像には他人のクルマが写っている)。

このまま直進方向が、道道741号上遠別霧立線。ここ正修から南下し、R239霧立国道の霧立とを結ぶ予定だったが、ここからちょっと行ったところで工事は中止されている。分岐を左折すると、道道688号遠別名寄線。こちらは現在も工事中だ。

20110831_005.JPG前身して、振り返る。遠別側に架かる、「遠名橋」。なんという切ない名称なのだろう。

向き直ると、こんなゲートがある。
20110831_004.JPG簡易なものだが、ずいぶんと年月が経っているようだ。少し、先まで歩いてみた。

20110831_000.JPGなかなかいい感じだが、行き止まりなのはわかっているので引き返す。

20110831_001.JPG「一の沢橋」。渡る川は、アイヤムナイ川だ。なお、かつての5万分の1地形図にはイヤムナイ川と記載されていた。

遠別名寄線のゲート。
20110831_002.JPGこちらはとても立派。

と、突然、乗用車とタンクローリーが現れた。
20110831_003.JPG乗用車の方に「ここの工事は凍結されたのではないですか」と聞いたら「復活した」との返事。この向こうでは工事をしているということだろう。

ちょっとすると、初老の夫婦がクルマでやってきた。ご主人がここで釣りをするそうで、アイヤムナイ川に降りていった。

20110831_007.JPG小一時間もここにいたろうか。帰り道、バス転回所とバス停を見つけた。1日3本バスが走る? こんな無人の地に?


帰宅後、沿岸バスのサイトを見たら、たしかに走っている。ここ「32号」が終端なのは、転回場所がほかにないからか、それともここまで乗客が乗って来るという需要があるのか。


行き止まりだとわかっていて突っ込んできた道。片道37km。「なにもない」ことを、たしかに見た。
PR


gbNobN
トラックバック:


Copyright (C) 2005-2006 SAMURAI-FACTORY ALL RIGHTS RESERVED.
忍者ブログ [PR]
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 16
18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリー
twitter
twitter2
プロフィール
HN:
磯部祥行
性別:
男性
自己紹介:
メールはy_磯部/blue.ぷらら.or.jpにお願いします。日本語部分等は適宜置き換えてくださいませ。
バーコード
ブログ内検索
アーカイブ
カウンター
since 2010.7.30
アクセス解析