忍者ブログ
[674] [673] [672] [671] [670] [669] [668] [667] [666] [665] [664]
オレ鉄ナイト2でご好評いただいた「5年ごとに見る鉄道路線延伸図(国鉄に準ずる路線のみ)」をある程度詳細に見ていく。

年代別 鉄道路線延伸の過程(1)最初の10年(1872年~1882年)の続き。下記の路線名称は、わかりやすさを優先するために現在のものを適宜使用する。


【1883(明治16)~1887(明治20)】
20120210_04.gifこの5年間のトピックは赤い文字で書いた通り。

東海道本線、中山道幹線、東北本線の建設が開始されている。

●東海道本線

中山道幹線の建設資材陸揚げのために武豊線が建設され、1886年(明治19年)に開通。そこから名古屋、長浜へと延伸されている。関ヶ原~長浜のルートは現在のルートより北を取っていた。同年のうちに、東海道本線の建設も決定された。


●中山道幹線(直江津側)

こちらも建設資材陸揚げのために、直江津から長野に向けて建設が始められている。後の信越本線である。


●中山道幹線(高崎側)

(この時点では)上野~高崎~前橋を、日本鉄道が建設している。これは、日本鉄道の成り立ちとも関係するが、政府がすべきことを民営の日本鉄道が代行した形である。この当時の前橋の重要度がわかる。群馬県の県庁所在地を前橋と高崎で争ったという話があったようななかったような。前橋は、やがて上越線のルートからはずれたことにより、鉄道的には軽んじられるようになる。

●東北本線

日本鉄道についてはwikipedia等で。驚くべきはその建設スピードで、1883年に上野~大宮(~熊谷)が開通してから、1887年には塩竃(のちの塩釜埠頭、廃止後は、東日本大震災での映像で知られるイオンタウン塩釜となった)まで延伸されている。


●釧路鉄道

釧網本線沿いにある硫黄岳から採れる硫黄を運搬するために敷設された鉄道。現在の五十石駅付近までが鉄道、それより下流(釧路側)へは釧路川の水運を利用した。硫黄採掘はこの時期の北海道で見られた奴隷的な使役である囚人労働であり、そこに監視の目が届くようになると採掘ができなくなり、鉄道もろとも中止された。現在の釧網本線を敷設する際、路盤等が転用されている。

なお、天然硫黄採掘は日本各地で行われていたが、戦後に(戦後、という括りもたいがいだが、私が用いる場合は昭和20~30年代くらいで使いたい)石油精製の際の脱硫から製造できるようになったため、廃れた。



【1888(明治21)~1892(明治25)】
20120210_05.gif
青森から広島県の三原まで、レールがつながった。そして、四国と九州にもレールが敷かれ始めた。

●日本鉄道と官設鉄道、算用鉄道

まだ上野~東京間はつながっていないが、日本鉄道と官設鉄道を連絡するために、赤羽~池袋~品川間ルートが日本鉄道により開通している。これにより、青森~三原間のレールがつながっている。


●北海道炭礦鉄道

夕張から追分、苫小牧を経て(現)東室蘭へのルートができている。つまり、まだ室蘭の石炭桟橋はない。


●九州鉄道

(現)門司港から熊本まで開通している。最初の開通時、北海道官設鉄道などと同様に大河が渡れず、筑後川の手前までを開通させている。


●関西鉄道

関せセツ鉄道との名古屋~大阪間の競争で知られるが、いきなりいまの関西本線を敷設したわけではないのが興味深い。まずは草津線と、柘植から亀山(現在は超ローカル線)である。


【1893年(明治26年)~1897(明治30)】
20120210_06.gif碓氷峠が開通したのが1893年(明治26年)。この時期は、いわば胎動期である。全国各地で建設が進められているなかで、たまたま1897年末という断面で捉えた物に過ぎない。

この時期までに開通している主な路線は次の通り。

・奥羽本線の青森側
・常磐線の一部
・新潟周辺(北越鉄道)
・中央本線東京口の一部(甲武鉄道)
・房総半島(総武鉄道・房総鉄道)…外房線は官設
・飯田線の一部(豊川鉄道)
・北陸本線の一部、城端線(中越鉄道)
・播但線の一部(播但鉄道)
・山陽本線が徳山まで(山陽鉄道)
・九州内延伸

(つづく)






PR


gbNobN
トラックバック:


Copyright (C) 2005-2006 SAMURAI-FACTORY ALL RIGHTS RESERVED.
忍者ブログ [PR]
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
10 11 12 13
25 26 27 28 29
30 31
カテゴリー
twitter
twitter2
プロフィール
HN:
磯部祥行
性別:
男性
自己紹介:
メールはy_磯部/blue.ぷらら.or.jpにお願いします。日本語部分等は適宜置き換えてくださいませ。
バーコード
ブログ内検索
アーカイブ
カウンター
since 2010.7.30
アクセス解析