忍者ブログ
[474] [473] [472] [471] [470] [469] [468] [467] [466] [465] [464]


東海道本線の新大阪駅と大阪駅との間には淀川が流れている。そこを3複線で渡るのだが、もっとも河口より=西側に位置するのが複線の貨物線である。淀川を南に渡るとすぐに大きく右、つまり西へ反れ、阪急中津駅の下をくぐって梅田駅に至る路線である。旅客列車も走り、新大阪駅と関西空港とを結ぶ「はるか」もこの貨物線を通る。

3複線なので3組の橋梁が架かる。西から、
・この貨物線(複線プラットトラス)…支間
東海道本線上り線(複線プラットトラス)…支間31.623m(103フィート9インチ)×22連
東海道本線下り線(単線プレートガーダー×2)…支間32m×22連
となっている。名称はすべて「上淀川橋梁」であるが、今回は貨物線のトラスについて書く。

20110114-02.JPG.

この貨物線は、東海道本線上り線のプラットトラスと同じ支間31.623mを基本とするが、それは(新大阪方から)第1~3連と第6~21連の寸法であり、第4連・5連は47.396m(155フィート6インチ)。桁の製造は、基本的に汽車製造会社製で、長さの異なる第4・5連は川崎造船所製のようだが、歴史的鋼橋集覧では「(1-3,6-21)汽車(9)/1920,川崎造船所(10)/1921,(4,5)川崎造船所/1921」という、どうも信用ならない書き方が成されているので、曖昧なままにしておく。なにしろ銘板がない。
20110114-06.JPG.

この第4・5連の凸凹具合は、一見してわかる。
20110114-01.JPG画像左から1・2…と数えて4番目と5番目のトラスは、明らかに高さが異なる。…とはあまり見えなかったので拡大してみるとこう。
20110114-90.jpg描写がよくないので(これでもLレンズなのだ、2世代前の)、この第4・5連だけ望遠で撮っておけばよかったと後悔している。

なおこの上淀川橋梁は、歴史的鋼橋集覧では「ワーレントラス」となっている。しかし、ご覧の通り、プラットトラスである。

裏側。
20110114-03.JPGこのぶっとい横桁がすてきなのだ。縦桁は脇役。それでこそプラットトラスだ。

このトラスを見ていて驚いたのは、貨物列車が通ると、桁がしなるということだ。下弦と縦桁が、湾曲する。肉眼でも十分わかる。かなり驚いた。

橋脚は丸井筒のような、左右独立したコンクリート製である。

20110114-04.JPG支承は、大阪駅方(南、左岸)がスライド台座付きのピン支承、新大阪駅方(北、右岸)は固定式のピン支承である。

20110114-05.JPG塗装標記。

橋りょう名 上淀川橋りょう
位置 新大阪~大阪554K101m52
支間 31M62
塗装年月 1992年3月
と総回数 3回塗
塗装種別 下塗シアナミド鉛サビ止ペイント
(イカ不明)


私はプラットトラスは好物だが、このように5パネルのものは好みではない。やはりこうどーんと長い橋を架けて欲しいと思うのだ。


この区間の開通は1876年(明治9年)。しかし、この3組の橋梁が供用されたのは、それぞれ1928年12月、1901年8月、1956年(月は不明)。最初から三複線であったわけもなく、初代の桁がどうだったのかは後日書く。



上淀川橋梁(東海道貨物線) その2
吹田~新大阪間の経路変更は1912年か1913年か

PR


gbNobN
トラックバック:


Copyright (C) 2005-2006 SAMURAI-FACTORY ALL RIGHTS RESERVED.
忍者ブログ [PR]
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
2 3 4
10
16 17
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリー
twitter
twitter2
プロフィール
HN:
磯部祥行
性別:
男性
自己紹介:
メールはy_磯部/blue.ぷらら.or.jpにお願いします。日本語部分等は適宜置き換えてくださいませ。
バーコード
ブログ内検索
アーカイブ
カウンター
since 2010.7.30
アクセス解析