忍者ブログ
[476] [475] [474] [473] [472] [471] [470] [469] [468] [467] [466]
上淀川橋梁(東海道貨物線) その2で課題としていた「2回目のルート変更時期」について書く。ヒントをいただいた@Einshaltさん、@O_Ken_ken さんに感謝申し上げる。

周辺の地図を再掲する。
a7c00c36.jpg左図で、黄色いルートが開通したのは1901年(明治34年)8月。問題は赤いルートから現在線に移設された年である。

●1912年説

典拠は 『地形図でたどる鉄道史 西日本編』(今尾恵介、JTBパブリッシング、2000年)と、『歴史的鋼橋集覧』の「上神崎川」のページ(土木学会)である。

前者には「神崎川橋梁前後の線路が大正元年(1912)に付け替えられていた」(65ページ)と記載され、後者には「開通年月日 1912年」とある。前者が後者を参照した可能性はある。


●1913年説

典拠は『鉄道廃線跡を歩くVIII』(宮脇俊三編、JTBパブリッシング、2001年)だ。これには誤記があるので、明記しておく。

東淀川◎吹田~新大阪 T02.10.25 複線 曲線改良 上神崎川B新設

「東淀川」は位置からして明確な誤りだが、「新大阪」は逡巡の結果か。改良当時には、当然のことながら存在していないが、かといって「大阪」と書くと、橋梁ごとまたまた付け替えたのか? という余計な憶測を生む。これでいいと思う。

ここでいう「上神崎B」というのは現在の上神崎川橋梁下り内外線で、前述の通り「歴史的鋼橋集覧」では1912年開通、とある。

『鉄道廃線跡を歩くVIII』に付された「全国線路変更区間一覧」は非常に有用な資料である。「線路変更区間の選定基準」という凡例を設けていることを見れば、ご納得いただけると思う。



1912年か、1913年か。果たしてどちらが正しいのか。『停車場一覧』(JTB)を見ても書いていない。『日本鉄道旅行地図帳』(新潮社)にも、この経路変更はまったく採り上げられていない。ちょっと残念だが、どちらも「何らかの基準」があり、それに満たなかったのであろう。


引き続き「1912年か、1913年か」の情報を探し続けたい。

なお『日本国有鉄道百年史』には、この件に関する記述はない。

PR


gbNobN
トラックバック:


Copyright (C) 2005-2006 SAMURAI-FACTORY ALL RIGHTS RESERVED.
忍者ブログ [PR]
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリー
twitter
twitter2
プロフィール
HN:
磯部祥行
性別:
男性
自己紹介:
メールはy_磯部/blue.ぷらら.or.jpにお願いします。日本語部分等は適宜置き換えてくださいませ。
バーコード
ブログ内検索
アーカイブ
カウンター
since 2010.7.30
アクセス解析