忍者ブログ
[50] [49] [48] [47] [46] [45] [44] [43] [42] [41] [40]
『劒岳<点の記>』における新田次郎の視点は一貫している。
唯物的な視点である。

立山信仰の中で「登るべきではない山」とされていた劒岳に、
これでもかこれでもかとそういう視点を投げかけ、
立山信仰を削り取っていく。
「美」ということは一切語られなくなっていく。

玉殿の行者も、列車の中で出会ったその仲間の行者も、
「登るべきではない山」という視点そのものを拒絶する。
あまりに宗教的な存在であるはずの行者というものが
そうであるという時点で、これは強烈な印象となる。
長次郎や鶴次郎は、ただただ現代風である。
柴崎は、義務感と現代風とを併せ持つ。


ついに劒岳に登頂する。
しかし、三等三角点は造れず、よって「点の記」は存在しない。
このことが、どれだけ柴崎らをくじいたことか。

劒岳山頂には、はるか昔に捧げられた錫杖と鉄剣があった。
これらは、ビヨンド・ザ・「美」の「崇高さ」とは別な意味での崇高なものではあるが、
柴崎らはそれを崇高な存在から引きずり下ろそうとする。
上司たる陸軍陸地測量部はその最たるもので、
「先人があったのなら、劒岳登頂なぞ偉業ではない」という立場をとる。


では、同書において、美の上に崇高さはあったのか?
私は「あった」と考える。

劒岳登頂を不可能たらしめる岩の存在は、完璧な「美」であろう。
そして、山頂に三等三角点を設置できず、
陸地測量部に劒岳登頂のことを理解してもらえず、
後日も劒岳に関することはほとんど語らず、
ただひたすらに胸のうちにしまっていた柴崎。
その「胸のうちにしまっていた」ことそのものが、
「美」を完全に超越したもとして描かれている。
すなわち「崇高さ」である。
これを胸のうちに秘めたまま、柴崎は老いてゆく。
PR


Copyright (C) 2005-2006 SAMURAI-FACTORY ALL RIGHTS RESERVED.
忍者ブログ [PR]
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 17
18 19 20 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリー
twitter
twitter2
プロフィール
HN:
磯部祥行
性別:
男性
自己紹介:
メールはy_磯部/blue.ぷらら.or.jpにお願いします。日本語部分等は適宜置き換えてくださいませ。
バーコード
ブログ内検索
アーカイブ
カウンター
since 2010.7.30
アクセス解析