忍者ブログ
[971] [970] [969] [966] [965] [963] [962] [964] [961] [960] [959]
栃木県の五十里湖の東に、大塩沢橋という新しい橋がある。その東側、沢を詰めるように旧道があり、旧橋は撤去されている。このときも、丸田祥三さんの『廃道 棄てられし道』の取材に同行させていただいたときのもの。この日はGPSログの取得が不完全だったため、記憶で書く。誤記があったらご容赦願いたい。

20121224_000.JPG南側の行き止まりはこう。まるで、除雪作業はここで終わり!というような塩梅で、ドン付きに土塊が積まれ、その向こうが藪になっている。左手前のカーブの警戒標識は、もっと別なもののほうがいいのではないか。たとえば「もう道はないよ!」というような。写真手前には、砂利取りか、その事務所がある。

20121224_001.JPG少し手前にはR121の標識があった。砂利取りのダンプしか見ない標識。地形図を見ても、もはやここは国道ではない。

20121224_002.JPG標識をアップで。

そして、北側へ。
20121224_004.jpg旧橋の名残。もう少しアップすると…
20121224_006.jpg対岸には、冒頭写真の「反対側」が見える。

…しかし、この写真を見ると、この旧橋はまるで必要がなかったかのように、こちらから対岸に渡る道路がある。そもそも川がない…?

20121224_007.jpgちょっとわかりづらいが、手前から引いてみたもの。旧橋は画面の天端より上で見えていない。写真左が北、右が南。中央の3本の水管が、川だ。川を暗渠化し、その上に道を造っている。

この写真の中央から少し左下に、橋台が見える。これが旧旧橋の跡。

20121224_005.jpg南側から、これとは別の橋脚と、(新)大塩沢橋。

20121224_003.JPG砂利に埋もれつつある橋台。

砂利取りのダンプが出入りしていることもあり、なかなか思うような位置に立ち入ることができないが、なかなかのダイナミックな景観である。国道121号は、国道229号と並んで「相当に開通時と形が違う道」なのではないかと思う。

 
PR


Copyright (C) 2005-2006 SAMURAI-FACTORY ALL RIGHTS RESERVED.
忍者ブログ [PR]
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリー
twitter
twitter2
プロフィール
HN:
磯部祥行
性別:
男性
自己紹介:
メールはy_磯部/blue.ぷらら.or.jpにお願いします。日本語部分等は適宜置き換えてくださいませ。
バーコード
ブログ内検索
アーカイブ
カウンター
since 2010.7.30
アクセス解析