忍者ブログ
[1168] [1166] [1167] [1162] [1165] [1163] [1164] [1161] [1160] [1159] [1158]
国道229号は改良に次ぐ改良がなされた道路である。兜トンネル・茂岩トンネル(廃)こ北、ここ弁財澗も、かつては崖をへつった地形に沿った道、その次は岬部分をトンネルで貫き、そして今は写真のように大きな橋(弁財澗<べんざいま>大橋)で入江を一またぎしている。ここに廃道があるのは見えるので、立ち寄ってみた。
(施設名参考:『旧道探索』


このように廃隧道が見える。よく見ると、左側にも道跡が見える。

確かに、左にある。塞がれた廃隧道よりも、すでにそちらに気を取られた。この廃隧道、扁額が剥がされているが、名を弁財トンネルという。

弁財トンネルから左に入ると、強烈なコントラストの下、廃橋があった。銘板はないが、この橋は弁財ば橋という。その右側が異様な雰囲気を持っていた(参考:『愛郷かもえない』神恵内村発行/PDFはこちら)。そのまま進む。

すこし、せり出している。片洞門だ。

いや、「少し」ではない。ものすごく、貼り出している。そしてその先には、ごく短い隧道がある。

これをくぐったところで、なにもなかった。旧旧道は、現道を作る際に潰されていて、行き止まりというか、どこにも行きようがない。

振り返っての帰り道。廃橋から海を見下ろしたら、そこは見事な「澗」であった。かつてはここに船を着け、ここを生け簀のようにつかったのだろう。


旧旧道を出て旧道の弁財トンネル前に出ると、廃道は両端を少しずつ狭めて、夏らしい雰囲気をもってそこにたたずんでいた。




PR


Copyright (C) 2005-2006 SAMURAI-FACTORY ALL RIGHTS RESERVED.
忍者ブログ [PR]
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 16
18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリー
twitter
twitter2
プロフィール
HN:
磯部祥行
性別:
男性
自己紹介:
メールはy_磯部/blue.ぷらら.or.jpにお願いします。日本語部分等は適宜置き換えてくださいませ。
バーコード
ブログ内検索
アーカイブ
カウンター
since 2010.7.30
アクセス解析