忍者ブログ
[167] [166] [165] [164] [163] [162] [161] [160] [159] [158] [157]

中央線の都心部は無骨な橋梁の宝庫。
水道橋周辺もまた素敵なエリア。
以前は毎朝、ここを自転車で通って通勤していた。
いや、ここを通らないときは、小石川通り架道橋の下を通っていた。
小石川通り架道橋については後日書く。
今回は新水道橋架道橋である。

その、各駅停車(通称:総武線)の線路が白山通りをまたぐ部分が、
ハーコート製の橋梁である。北側である。
この場所でこの橋梁を視界に入れた方は恐ろしい数がいるはずだ。

20091029-1.jpg



















普通に普通の後継としてなじんでいる。
まさかこれが、1904年ドイツ製の鈑桁だとか、
甲武鉄道の発注によるものだとは誰も思うまい。

20091029-5.jpg



















これは南側からみた写真。
写真右端に見えるのが中央快速線で、完全に桁が別。

上の写真それぞれに、銘板が2枚ずつ見えるだろうか。
北側、南側それぞれに、ハーコートと日支貿易の銘板がある。
(支を変換するときシナと打ったら変換しなかった。atokよ、歴史用語だろう!)

20091029-3.jpg



















横断歩道が青のうちに撮ったから、焦って水平が。
といいわけしておく。
画面左端の白いのは、クルマかなあ。
視野率100%じゃないといやねえ(←トリミングしろってか)

20091029-2.jpg



















鈑桁がゆがんで見えるのはレンズのせいではありませんが、
モアレのように見えるのは感度を640で撮影してしまったためです。

20091029-4.jpg






















これを含めて周辺のハーコート製橋梁についてはいろいろ文献があるので
詳細はそちらに任せて、とりあえず写真のみupでした。

PR


Copyright (C) 2005-2006 SAMURAI-FACTORY ALL RIGHTS RESERVED.
忍者ブログ [PR]
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリー
twitter
twitter2
プロフィール
HN:
磯部祥行
性別:
男性
自己紹介:
メールはy_磯部/blue.ぷらら.or.jpにお願いします。日本語部分等は適宜置き換えてくださいませ。
バーコード
ブログ内検索
アーカイブ
カウンター
since 2010.7.30
アクセス解析