忍者ブログ
[1297] [1298] [1295] [1293] [1292] [1291] [1290] [1289] [1288] [1287] [1286]
からぱた写真集『LOVE WILL GUIDE YOU』を刊行したからぱたさんが、村上隆さんのギャラリー「Hidari Zingaro」で写真展を始めた。

「写真、すごいから!」という自信と写真への問題提起が溢れ出しているのは上記エントリに書いたけれど、今回はそこからさらに、「作品」となったらどうなるかというのを同時進行で見せてくれている。

美しくプリントし、額装したものを、それなりの値段をつけて売る。決して安くはない。しかし、その過程をtwitterで見ていたり、実際に目の前にしたりすると、財布を開きそうになる。それこそが(他人に評価してもらい、価値を付与してもらうものを「作品」と呼ぶなら)「作品」になる瞬間である。「芸術」といってもいい。

「作品」になるのは、からぱたさんという生身の人間の創作活動として生まれてきたものだからである。もし同じ写真が、作者不明でその文脈も見えないなら、人は決して「作品」とは評価しないだろう。モニタでFlickrにアップされた画像を見ている人も、そういう見方をしているに違いない。



写真展の初日、からぱたさんと村上隆さんとのトークがあった。これがまたおもしろかった。「作品」に対しての頑健な芯があり、膨大な知識をまとっているはずの村上さんが、そんなことを笑いの流れで隠しながらからぱたさんを裸にしていく。写真論に見えるけれど、そうではなくて、なぜ自分が嫌だと感じるものがあるのか、なぜそれを改善しようと思っているのか、そこにどんどんピントがあっていく。こういうことは、相当な先達、ここでは村上さんのような人だからこそできるのだと思う。

からぱたさんの「なんでガンジス川のあの場所の写真、まともなのがネットにないの?」という疑問や、「雑誌に載せるような写真の撮り方」というのはとてもシンパシーを感じる。そして最後、村上さんが「作った模型をいかにうまく撮るか、ということを風景に置き換えたのがこの写真展」というようにまとめたのだが、これも非常によくわかる。

また、からぱたさんと村上さんの、写真界や写真評論家への批判も、これまた激しく同意する。写真界なんてのは、いま(広角固定で、彩度を勝手に高められたり、逆にinstagramのように色褪せたように設定して)スマホで毎日何十枚も写真を撮る人たちの感覚なんて絶対にわからなくて、写真界の文脈にいる人を相手に、20年前に仕切っている人がそのまま今も仕切っている。いま世の中で撮られてる9割9分以上(※根拠なし)の写真は評価の対象にすらなってない現状には強い違和感がある。



実際にからぱたさんと村上さんの生のやりとりをみて、特に印象に残ったところだけをこうして書いたが、こういうのは文字だけ読んでもあまり伝わらないのだろうなと思う。文字列と生のトークとの違いは、先に書いた「写真」と「作品」くらい違う。だから、みんなもっと現場に出ようよ。



少しだけ自分の話をすると、ぼくが初めて「これは特大プリントで見たい!」と思った写真は、2006年ころだったか、クルップのバケットホイールエキスカベーターの写真を見たときだ。あの時代に、こうやってつぎはぎして作った写真に見入った。ぜひ最大サイズで見て欲しい。からぱたさんの写真集には、これと同じくらい見入った。
http://commons.wikimedia.org/wiki/File:060428-bagger288-garzweiler.jpg



さて、作品を買うかどうか。財布が…などとは書いても、現実はいろいろと非常に厳しい身にとっては額装作品はちょっと高い。あくまでも個人的な感覚としてはポスター(横1m超)が額装されて1万円くらいなら買う、といったところ。実際はその倍なので、額装なしのものを注文した。1万円なら額装ナシが2~3点買えるが、そういうものでもない。作品を買うというのはそういうことだ。

そして、少しでも、こういうことに興味を持ったら、中野ブロードウエイに行き、写真展を見て、写真集を買うといいと思う。いままで写真集など買ったことがない人も、絶対に意識は変わるから。


●からぱた写真展
http://hidari-zingaro.jp/2014/03/love-will-guide-you/
4月29日にいろいろなイベントがある。また作品や「ポスター」の価格も書いてある(ポスターの額装価格は誤りのようだ)。
PR


Copyright (C) 2005-2006 SAMURAI-FACTORY ALL RIGHTS RESERVED.
忍者ブログ [PR]
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリー
twitter
twitter2
プロフィール
HN:
磯部祥行
性別:
男性
自己紹介:
メールはy_磯部/blue.ぷらら.or.jpにお願いします。日本語部分等は適宜置き換えてくださいませ。
バーコード
ブログ内検索
アーカイブ
カウンター
since 2010.7.30
アクセス解析