忍者ブログ
[1850] [1848] [1846] [1847] [1845] [1844] [1841] [1843] [1835] [1842] [1820]
昨年は大晦日も元日も仕事で、まったくそれどころではなくて端折ってしまった「轍のあった道アワード」。1年間に書いたブログを、自分で「これ、よかったなあ」と自画自賛し、かつ、もっと読んで欲しいので広めるために行うものだ。

2017年に書いた記事は91本。時期はかなり偏っている。これまた仕事の都合だ。6月の北海道出張で見かけて撮りためたものなどを書き終えたのはなんと12月。30日までの記事で91本しかない。
写真1点とコメントだけのものもあるが、それでも、みなさんに見ていただきたいものばかりだ。

今回は、【部門】を(適当に)考えて、それぞれの賞を設けた。大賞は最後に発表する。

【発見部門】

●発見部門賞

 
錆に覆われ、実際に「白看」だったかはわからない。それでも、林道内にこうした標識があるのはとても珍しいケースだ。


●次点
北海道で見かけたいすゞTW
 
岩手県を中心に、三陸での目撃談が多いいすゞ・TW。「釧11」ナンバーをつけた現役の車両が、行き止まり(その先は通行止めという意味)の林道に佇んでいた。


●次点
謎のカプセルハウス
 
「フローラ」というカプセルハウスがある。その仲間かと思うような建物(といえるのか)を、四国で4回見かけたのだが、情報がまったくない。ご存じの方いらっしゃいましたらぜひ。

【ドボク部門】

●ドボク部門賞

ドボクのすさまじさ
 
位置関係はこうだ。この林道をアンカーにして、地図上で見ると約1km対岸の崩壊地を望遠レンズでのぞき込むと、

こんな、圧倒的な世界が展開されていた。斜めに横切るのは作業道。緑の段々畑状のものは、これから植林がなされるということか。


●次点
架け替えられた親不知の歌高架橋
 
すっぱりと切り落とされている旧橋。いずれすべてがなくなるだろう。アクセスが多かった回。

●次点・橋梁賞
 
動物園や公園にある橋は、その目的からして歩道橋だ。歩道橋は、橋梁の世界でも独特で、鉄道橋や道路橋では見られない形式が展開されたりもする。この「サル島橋」は、吊床版桁。伊豆大島の、ほぼ客がいない無料の動物園にある。

【文化部門】

●文化部門賞

白馬村の青鬼(あおに)集落と青鬼神社
 

重要伝統的建造物群保存地区とされた地域に、いかにも神社への道という雰囲気の階段があった。登って登って登って登って…。高齢者しかいなそうな集落だが、この参道は、とてもきれいに整備されていた。


●次点

隣の建物が取り壊されると、そこに隠れていた防火壁のペイントがあらわになることがある。一度はパステルグリーンに塗られたのだろうか。

【地図部門】

●地図部門賞

GoogleMapsおいて「北海道」はパンケニコロベツ林道を指す

ベクトル地図では、地名を表示する際に、どこを基準にするか設定されている。市町村名は、ほとんどの場合は市役所または町村役場。しかし、県庁所在地の名称が都道府県名と異なる都市や広域地名は、おそらく図の重心にそれがセットされている。

「北海道」。ルート検索では、なぜか鉄道が選べないので自動車で表示。「北海道」は新得町のパンケニコロ川近くにある。「東京」は江戸川橋だ。

* * *

さて、いよいよ。

【轍のあった道大賞】 

鉄道・道路併用洞門 平岩洞門 
鉄道・道路併用トンネルといえば羽越本線の新五十川トンネルが有名だが、大糸線平岩駅近くに、鉄道・道路併用洞門があった。自分としては、「発見」である。この手の設備は、たいていは鉄道側からは気がつけない。道路側からも、それなりに注意していないと気づけない。

この洞門は、私の観測範囲では、触れたものを見たことがない。この記事をアップした後、ある方がわざわざ見に行ってくれたのもうれしかった。


2018年も、こうした「そこに行ってみたくなる報告」をブログにアップしていきたいと思っています。来年もよろしくお願いいたします。


●関連項目
2013年『轍のあった道』アワード
2014年『轍のあった道』アワード
2015年『轍のあった道』アワード











PR


Copyright (C) 2005-2006 SAMURAI-FACTORY ALL RIGHTS RESERVED.
忍者ブログ [PR]
カレンダー
04 2018/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18
21 22 23 25
28 29 30 31
カテゴリー
twitter
twitter2
プロフィール
HN:
磯部祥行
性別:
男性
自己紹介:
メールはy_磯部/blue.ぷらら.or.jpにお願いします。日本語部分等は適宜置き換えてくださいませ。
バーコード
ブログ内検索
アーカイブ
カウンター
since 2010.7.30
アクセス解析