忍者ブログ
[336] [334] [333] [332] [331] [330] [329] [328] [327] [326] [325]



IMG_2788_R.JPG大変に美しいカンチレバートラスである。片持ち梁部分の高さが低く、優しい感じであるのに、鈍いアルミ色みたいなその塗装がたくましさを感じさせてくれる。手前には三弦トラスの水道橋まである。

IMG_2760_R.JPG少し引いた、全体の姿はこれ。このあたりの最上川は川幅が狭い。この大橋も、全長は480フィート(146.3m)しかない。そして、この最上川は、1913年(大正2年)の洪水時には、水位が17尺(5.15m)も上昇したという。そのため、初代は木橋だったものを、桁の位置を上げ、この形式にして架け替えた。開通は1930年(昭和5年)12月7日である。この優美な姿をもって、80年前からここにあるとはちょっと思えない。せめて昭和30年代くらいなのではないか、と思うような洗練された姿である。

IMG_2756_R.JPG西側の橋門構。道路の幅員5.4m、センターラインが引けないほどの狭さというのがおわかりだろう。

これでも国道347号の旧道である。1989年(平成2年)に上流に「虹の大橋」(由来は斎藤茂吉の歌によるので安心してほしい)がバイパスとして架けられたが、この大橋はいまでも通行量が多い。

IMG_2762_R.JPG西側にある銘板。

京  東
社会式株
所造製械機田櫻
作製年五和昭

とある。


IMG_2816_R.JPG東側の橋門構。親柱が観光的なものに置き換えられている。

IMG_2773_R.JPGこちら側にも銘板がある。記載内容は同じ。

IMG_2772_R.JPGカンチレバーたる部分を見ていこう。

IMG_2828_R.JPG片持ち梁と中間桁との接合部(上部)。画面右側の太い斜材は中間桁の端柱。ここだけ非常に太くなっているが、他の部分の斜材は細い。





IMG_2766_R.JPG
逆側を真横から見たもの。∠型部分が中間桁。/部分の太さと、それを受ける「部分の太さの違いを見て欲しい。

IMG_2829_R.JPG片持ち梁と中間桁の接合部、下部。リベットで剛結してある。

IMG_2832_R.JPG路面は、もちろん橋脚上ではなく、片持ち梁と中間桁の路面は連続している。これらの処置のためか、クルマが行き交ってもそれほど大きな揺れはない。

IMG_2799_R.JPG裏に回って支承。

IMG_2805_R.JPG桁裏側。

IMG_2802_R.JPGIMG_2801_R.JPGIMG_2800_R.JPGそして桁にあった塗装標記。どれがどの桁のものかメモしていないが、クルマや歩行者から見える部分が美しい銀色をしているのに、その下はこのように錆び放題だ。ここらもケアしてあげたほしい。


この大橋は活荷重6tの三等橋として設計された。しかし、現在の橋に重量制限の標識はない。前述のとおり、かつては国道であり、交通量も多かった橋である。もしかすると、桁を補強しているのかもしれない。


最後に、『道路の改良』に記述された、架設当時の記事のリンクを張っておく。ここには図面もある。→こちら

PR


gbNobN
トラックバック:


Copyright (C) 2005-2006 SAMURAI-FACTORY ALL RIGHTS RESERVED.
忍者ブログ [PR]
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリー
twitter
twitter2
プロフィール
HN:
磯部祥行
性別:
男性
自己紹介:
メールはy_磯部/blue.ぷらら.or.jpにお願いします。日本語部分等は適宜置き換えてくださいませ。
バーコード
ブログ内検索
アーカイブ
カウンター
since 2010.7.30
アクセス解析