忍者ブログ
[160] [159] [158] [157] [156] [155] [154] [153] [152] [151] [150]


ここにはこのようにトラス橋が3列並行している。
パッと見ただけでは、なにがなんだかわからないと思う。
20091018-1.jpg



















画面奥、一段高くなっているのが、緩行線の複線ワーレン。
手前の直弦ワーレンは、快速線の下り線。
それらに挟まれるようにしてある曲弦プラットが、快速線の上り線である。

この上り線の橋梁の架け替え工事がまもなく始まる。
200フィート(62メートル)の曲弦プラット8連を目の当たりにできたら
さぞ美しいかろうが、上述のように、遠く、たとえば北側の国道6号からはまったく認識できない。
橋梁の真下に行って、ようやく姿を拝めるのである。

真下に行くと、このようになる(逆光なのでちょっと・・・)
20091018-2.jpg



















この、私が立って撮影した地点に新たな橋が架かる。
すなわち、一時的に4本のトラス橋が平行することになる。

20091018-6.jpg



















ここに行ったのは、この1917年東京石川島造船所(現IHI)製のプラットトラスを見るためだったが、
実際には1980年代に入って製造された緩行線の複線トラスの、桁高さが変わる部分に圧倒された。
(製造メーカー不詳)
20091018-3.jpg




















詳細な寸法は不詳だが、左側(方角で言えば北東。取手側)は
緩行線と同じ間隔で橋脚があるので、200フィートクラス。
右側(南西、天王台側)は緩行線2連分を一またぎにしている。
ということは400フィートクラス(支間約124メートル)。
支間が長くなれば桁の高さも大きくなる。それを連続させているのが興味深い。

しかも、この場所だけではなく、のべ4種の高さがあるのである。
20091018-5.jpg





















20091018-4.jpg






















航空写真を見て判断する限り、取手方から
・62m程度 4スパン(最小高)
・124m程度 3スパン(最大高)
・100m程度 2スパン(中間高)
・62m程度 3スパン(最小高)
に見える。

詳細な図面が見てみたい。


全体の橋長は、『鉄道ファン』1983年2月号掲載の、国鉄運転局車務課山本五兵衛氏
「常磐線 我孫子-取手間 複々線化完成」という記事によれば、
「利根川橋げた(972m)」だという。
PR


Copyright (C) 2005-2006 SAMURAI-FACTORY ALL RIGHTS RESERVED.
忍者ブログ [PR]
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 16
18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリー
twitter
twitter2
プロフィール
HN:
磯部祥行
性別:
男性
自己紹介:
メールはy_磯部/blue.ぷらら.or.jpにお願いします。日本語部分等は適宜置き換えてくださいませ。
バーコード
ブログ内検索
アーカイブ
カウンター
since 2010.7.30
アクセス解析