忍者ブログ
[156] [155] [154] [153] [152] [151] [150] [149] [148] [147] [146]
10月1日にアップした樽見鉄道揖斐川橋梁に掲載している写真には、
その奥に白いダブルワーレンが見えている。
それは1887年に開通した単線時代の東海道本線が使っていたもので、
1885~1886年パテント・シャフト製である。
1908年に複線化された際に道路橋に転用され、現在も使用されている。
このパテント・シャフトの橋については別の機会に書こうと思っているが、

1908年から使用された複線の橋梁が、アメリカン・ブリッジ製であった。
1906年製のパーカートラス(放物線状の曲弦トラス)だったというが、
とりあえず斜材と垂直材を明確に見分ける写真が発見できない。

クーパーとシュナイダーが日本向けに設計した橋梁はすべてプラットトラスであり、
かつ複線型下路200フィートトラスは5連しかない。
即ち本橋梁のことである。

ここでは、国交省の航空写真を掲げる。
http://w3land.mlit.go.jp/Air/photo400/75/ccb-75-27/c14/ccb-75-27_c14_25.jpg
からのトリミングである。
20091015.jpg































画像下部に三つ平行して架かっている橋は、
上から初代、二代目、三代目である。
初代は前述のとおり現存。三代目は現役。
中央の二代目だけが撤去されている。

『鉄道ピクトリアル』1984年8月号「トラス橋の魅力」を眺めていたら、
その二代目の撤去中の写真が掲載されていた。


航空写真を見ていると、揖斐川中には橋脚が三つ。
うまく配置することで、二つにできるのではなかろうか。


こうして書き始めると、撮ってない写真があまりに多くて愕然とする。
被写体を深く知らなければ撮れない、ということを痛感する。
ここは再訪しなくてはならない。


PR


Copyright (C) 2005-2006 SAMURAI-FACTORY ALL RIGHTS RESERVED.
忍者ブログ [PR]
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 16
18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリー
twitter
twitter2
プロフィール
HN:
磯部祥行
性別:
男性
自己紹介:
メールはy_磯部/blue.ぷらら.or.jpにお願いします。日本語部分等は適宜置き換えてくださいませ。
バーコード
ブログ内検索
アーカイブ
カウンター
since 2010.7.30
アクセス解析