忍者ブログ
[554] [553] [552] [551] [550] [548] [549] [547] [546] [545] [544]


阿寺川橋 顛末/『トラック野郎 熱風5000キロ』に捧ぐなどに関連して。

20110529-999.jpg
『大桑村 写真で見る100年』を見に行ったときのこと。それがある、大桑スポーツ公園に行く途中に、木曽川を渡る廃橋があった。例によって吊橋は主塔だけが残されている。

20110529_001.JPGこの主塔につながるべき道はすでにない。堤防の内側は完全に撤去され、住宅がある。

1947年の航空写真はこちら


さてこの主塔。見れば、所在げに銘板がついている。

20110529_002.JPG.

左。
20110529_003.jpg.

右。
20110529_004.jpg昭和35年竣功。意外に新しい。後述するが、14年ほどしか使われなかった。

20110529_005.JPG対岸にも主塔がある。なぜ吊橋は主塔だけ残すのだろう?

この和村橋(旧)が賭けられた当時の写真が、前述の本にある。
20110529_000.jpg
補剛桁の材質はわからないが、対岸への重要な交通路だったはずなので、自動車も通れる規格だったろう。


さて現在、この吊橋に変わる(新)和村橋が架かっている。

20110529_006.JPG20110529_007.JPGうっかり親柱しか撮ってない。それだけでなく、箱桁なのかプレートガーダーなのか、そんな確認もしていない。


昭和49年5月竣工。この時点で、吊橋の和村橋の役目は新橋に取って代わったはずだ。旧橋はいつまであったのか。少なくとも1985年までは、補剛桁もあることが、航空写真からわかった。

20110529-997.JPG
国土変遷アーカイブより)
左が新橋、右が旧橋。

ものごとのはじまりは記録されるが、終わりは記録されることが少ない。航空写真のアーカイブはそれを解決してくれるものではないが、いくらかのヒントはくれる。もっと解像度を高くしたものだとなおいいのだが。



PR


gbNobN
トラックバック:


Copyright (C) 2005-2006 SAMURAI-FACTORY ALL RIGHTS RESERVED.
忍者ブログ [PR]
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
2 3 4
10
16 17
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリー
twitter
twitter2
プロフィール
HN:
磯部祥行
性別:
男性
自己紹介:
メールはy_磯部/blue.ぷらら.or.jpにお願いします。日本語部分等は適宜置き換えてくださいませ。
バーコード
ブログ内検索
アーカイブ
カウンター
since 2010.7.30
アクセス解析