忍者ブログ
[553] [552] [551] [550] [548] [549] [547] [546] [545] [544] [543]
歌人・枡野浩一さんプロデュースによる丸田祥三さんとのトークライブ、第3回。今回は、阿佐ヶ谷の「よるのひるね」で開催された。16時開場だったので16時にいったら、即、満席になった。ふつう、この手のトークイベントというのは、開場から開演まで30分とか1時間あるので、その間にパラパラ来るのだが…そんな感じでわりとすぐに始まった。

ゲストは、作家・中村うさぎさん、漫画化の古泉智浩さん。会場の後ろのほうで、切通理作さんもいらっしゃった。

(関連記事)
枡野浩一プレゼンツ 「丸田祥三 写真へと旅するようなトークイベント」vol.1
「丸田祥三 写真へと旅するようなトークイベント 四月」
「丸田祥三 写真へと旅するようなトークイベント 四月」続き

(USTアーカイブ)
http://www.ustream.tv/channel/masunoshoten


20110530_000.JPG(左から古泉さん、枡野さん、丸田さん、中村さん。許可を得て撮影)

会場では、丸田さんの作品をスライドショーでずっと流しつつ、トークが進行した。

まずは、丸田さんによる、5月10日の知財高裁による判決のお話。

昨年12月21日に出された風景剽窃裁判での判決に控訴した丸田さん。この5月10日、突然、知財高裁の判決が出たという。当日、弁護士事務所に知財高裁から連絡が入ったが、弁護士事務所から弁護士に連絡がつかず、結果、丸田さんにも連絡がいかず、原告である丸田さんはネットのニュースで判決を知るということになってしまった。これについては、それぞれの事情があったのだろうし、外野の私がどうこう言う話ではないのでここではおいておく。

丸田さんは、最高裁への上告を決めた。その決意は、USTをご覧いただくほうがいいと思うし、書けば私の解釈になってしまうといけないので、これもここでおく。

そして、話題は「盗作とは何か?」という点へ。枡野さんは「短歌や俳句では、偶然似た作品ができてしまうことがある。しかし、それは似た作品を作ってしまった人が先例を知らないという点で、作品を取り下げなくてはならないこともある」という。対してうさぎさんは、「文芸ではそんなの無理。先人の書いたものすべて知るなど無理。個人のブログまでチェックしてたら際限がない」。丸田さんは「自分の作品を参考にして、自分の作品より優れたものを生み出すのであれば、まだいいのだけれど」。対して、UST視聴者「いや、盗作は盗作であって、盗作した結果いい作品となっていても、それは別問題」。

どこから盗作でどこまではいいか、この場での結論は出づらいことだが、それを話すことによって、おぼろげに輪郭や問題点が出てくる。この点は過去のトークでも何度か積み重ねられて、発展してきている。そして、これに関連して、トーク終了後の二次会(?)の席で、とてもすごい話に発展した。



「嘘」について。

小林氏は、丸田さんの作品を参考にしたかどうか「わからない」、キャプションの誤記をそのまま自著に掲載していることも「弟子がやった。弟子の名前は覚えていない」と言っている(丸田さんは「誤植」と一瞬言って「誤記」と言い直した。誤植と誤記は混同されるけれど、全然違うもので、この言い直しはとても重要で、丸田さんの誠意を感じる)。自分が「小学生の時から地図帖片手に…」と言いながら提出した資料は平成になってからの刊行。これは、自分のやったことを正当化するために、嘘を塗り重ねているようにしか見えないのだが、そういうことをする人が少なからずいる、という話になった。

まず挙がったのが、新潮社と赤報隊のこと。被害者である朝日新聞が記事を検証し、週刊新潮が謝罪している。この「手記」を書いた人の虚言に多くの人が騙されてしまった。(その人は約1年前に亡くなった)

次いで、中村うさぎさんが知る、とある人について。徹底して自分が加わるために他人(うさぎさん含む)をあることないこと言い散らかす。その内容が結局、うさぎさんに伝わるのだが、言われた本人が驚くような内容。枡野さんも、とある人のあまりの嘘つきっぷりに、一瞬、信じたことがある話を。その人は「私は漫画家で、ペンネームは○○(著名人)」であると言い続け、実際に仕事を発注してしまった人がいたらしい。古泉さんも、とある人の虚言というか盛りっぷりに、ちょっと思うところがあるという。

なにが真実か、見えなくなる。恐ろしいことだ。しかし、現実に、虚言で固めた人は存在し、言ってる本人は虚言だと思っていない、盛ってると思ってなかったりする。それは、私も実際に体験している、というか迷惑を被っている。そんな人を相手にするには、相当にこちらがタフでなければならない。丸田さんの裁判の弁護士はタフだろうか。

(追記)
ここで書こうと思っていたことを、まったく書いてなくて愕然とした。虚言癖の人は、つまり、平気で他人の功績を横取りして「自分のもの」にしてしまう。そのことを書きたかったのに書いてないから、単なる笑い話のようになってしまった。お詫び申し上げたい。


また、いろいろ考えているうちに、なぜアイディア(小説のテーマなど)が保護されずに、アイディアを用いて具現化したもの(小説など)が保護されるのかがわかってきたのは、自分にとっては大きな収穫だった。




話を戻して、トークの流れはゲストがうさぎさん・古泉さんだったこともあって結婚ネタや恋愛ネタの展開となった。それらは、枡野さんや切通さん、うさぎさんの得意とするジャンルの話だ。こうした恋愛論も丸田さんの作品への理解を深めるためには必要だと思うけれど、もう少し、作品と関連づけてのお話になったらもっとよかった。

また、雑誌『東京人』のために丸田さんが枡野さんを撮影したときのお話も披露。枡野さんがあまりによく動くのでぶれてしまっていたという。それは、丸田さんにとって初めてのできごとで、けっこう動揺したらしい。丸田さんは「そのまま、そこにいてね!」というつもりで「その姿勢、いいですね」などというと、枡野さんはもっとよくしたいと思って動いてしまう。丸田さんが改めてカメラを構えると、もうそこに枡野さんはいない。そんな屈託のないお二人の撮影現場はどんなだろう…?

次回もそうした作品づくりに関する話題を期待しています。


(追記)
トークの中で池谷裕二氏が語ったことが話題になった。「右手の薬指が人差し指より長いひとは…」。その原因と、どういう性格になるかは分析が進んでいるそうだ。私の薬指は、人差し指よりもツメ3/4くらい長い。帰宅後検索したら、どうも日本人にはそのほうが多いようだ。
PR


gbNobN
トラックバック:


Copyright (C) 2005-2006 SAMURAI-FACTORY ALL RIGHTS RESERVED.
忍者ブログ [PR]
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 16
18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリー
twitter
twitter2
プロフィール
HN:
磯部祥行
性別:
男性
自己紹介:
メールはy_磯部/blue.ぷらら.or.jpにお願いします。日本語部分等は適宜置き換えてくださいませ。
バーコード
ブログ内検索
アーカイブ
カウンター
since 2010.7.30
アクセス解析