忍者ブログ
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10]
大月市内で見かけたクリーニング店だった建物。「だった」というのは、オンライン地図にはその表記がないからだ。とはいえ、玄関戸にも軒下の看板にもその旨、書いてある。

まるで駅前旅館のような立派な玄関戸を開けると、中はどうなっているのだろうか。カウンターだろうか。向かって左手、一階は作業場だろうか。それにしてはスチームの配管がない。見えないだけかもしれない。


PR
 
国道352号。かつての西山町、いまの柏崎市東部の観音岬(写真のトンネル)には旧道があるが、その西側は、道路と海が接している。潮風が直接あたるためだろう、各家には立派な風よけがある。

立派な板塀。砦のようだ。

こちらは竹を割ったもの。よくこれだけの竹を割ったものだ。最近は、料理屋の外塀に竹の擬木がある。見習ってほしい。


国道352号を走っていて、こうした潮風よけがあったのはこの付近、坂ノ下集落だけと思う。たしか、能登半島にもこうした潮風よけがある集落があったと思うが、その呼び名も集落名も思い出せない。

周山にある農協の建物。目に付くのは屋上の「貯金は農協へ」だろう。

1階のみサッシが更新されているようだ。また、建物の外に配線の配管が這っているのも珍しい。

クローバーのマーク。これは農協貯金、いまのJAバンク。なかなか見かけない古いマークだ。
利尻島で見かけた。民家にレンズを向けるのはためらわれるのだが、窓などには板が打ち付けられており、使われていないかもしれないと自分に言い訳をして…いや、撮らずにはいられなかった。

正面から見ると、玄関に向けてのマンサード屋根の重ね合わせ。しかも玄関部分は5折。
最初、この角度で遭遇した。この角度では曲がり家のようにも見えるが、平側(道路側)に折れ曲がっているわけではなく、玄関部分を除けば、玄関の上に屋根を差し掛けるような形になっている。(この写真のリンク先=原寸で見るとピントが合っていない)

この角度で見ると、逆方向(奥行き方向)にL字型になっていることがわかる。その奥行き方向は不同沈下している。

利尻島内でもっとも惹かれた建物だった。

犀潟駅付近を散歩していたら、アパートの敷地の一角の建物から「蔵」が覗いていた。外部を板張りにしてる「ハイブリッド蔵」はいくつかこのブログでも書いたが、ここまで普通の建物であるのは、外張りをより堅固なものにした…という解釈をしていいのだろうか。

反対側から見ると、とても中に蔵が収まっているとは思えない。外部に開かれているのは、上の写真の窓だけである。

紛うことなき「蔵の窓」。もしこの小屋を取り壊すことがあれば、建てた当時の美しいままの蔵が姿を現すのだろうか。


Copyright (C) 2005-2006 SAMURAI-FACTORY ALL RIGHTS RESERVED.
忍者ブログ [PR]
カレンダー
10 2019/11 12
S M T W T F S
1 2
6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリー
twitter
twitter2
プロフィール
HN:
磯部祥行
性別:
男性
自己紹介:
メールはy_磯部/blue.ぷらら.or.jpにお願いします。日本語部分等は適宜置き換えてくださいませ。
バーコード
ブログ内検索
アーカイブ
カウンター
since 2010.7.30
アクセス解析