忍者ブログ
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7]
JR高崎線の籠原駅。電車の増解結が行われる駅として知られている。駅舎は橋上、東西自由通路まで備えた近代的な駅だが、跨線橋は古レールをプラットトラスに組んだものだ。

屋根はアーチ。このアーチ部材は古レールで、軸方向の部材はアングル材である。



3・4番線ホームの上野側に増設された階段とエレベーター。この増設部分を、一つ上の写真と見比べてほしい。一つ上の写真は、高い窓と、腰板にはポスターの羅列。こちらは足下まで採光用のガラスが連なる。一つの上の写真の通路では、もしそこにベンチがあっても座る人など皆無だろう。でもこちらなら、きっと、そこが休憩所になるに違いない。

こうして比べると、時代によって跨線橋というか公共の通路への考え方の違いがあることがよくわかる。国鉄時代の跨線橋というのは単なる通路であって、客は一刻も早くその場から逃げ出したい空間だが、最新の通路は少しでも長くそこにいてもらう場所、いやそれだと誤解を招くな、またそこを利用してもいいと思わせる空間である。

ホームの上に戻る。古レールは階段部分のフレームにも使われている。そして、後付けと思われる屋根の部材とも溶接されている。こういう「現物あわせ」なところがおもしろい。











当初、階段は大宮側のみだったものの、のちに高崎側にも増設されている。


PR
JR信越本線の鯨波駅の跨線橋。写真のように、上下線で階段部が逆向きになっている。こういうものは、単線時代にタブレット交換をするために、上下列車の先頭同士が近くなるよう設けられる場合が多い。鯨波のがそれに該当するかは不明。

跨線橋の桁は、古レールを使用したワーレントラスだ。

側面、ここは橋門構にあたると考えていいのだろうか。脚は鋼管。

内部。木造の天井が目立つ。

桁裏。コルゲート板のようだ。

すぐ上の写真でも脚が見えているが、ひとつだけ、陽刻があった。ただし、読めない。左側は「明治四十年」だろうか。

上りホームの階段部分最下部には銘板が埋め込まれていた。

●左
施工 株式会社植木組
概要 跨線橋 階段部 鋼造一部木造
   (亜鉛メッキ仕上)
   福音3.0m 2箇所
しゅん功 昭和58年3月

●右
施工 株式会社植木組
概要 階段 鉄骨古レール造 巾員3.0m 2ヶ所
      (ペイント塗装4回塗り)
   基礎 鉄筋コンクリート造
      鉄筋コンクリート抗Φ=300mm ℓ=90m 8本
しゅん功 昭和44年7月


また、下りホームの脚の根元にも、銘板があった。

施工 (株)植木組
概要 階段 鉄骨古レール造 巾員3.0m・16.6m
      (ペイント塗装4回塗り)
   基礎 鉄筋コンクリート造
      鉄筋コンクリート抗Φ=300mm ℓ=9.0m 16本
しゅん功 昭和44年7月

これらの「しゅん功」は、更新年月と見ていいだろう。

駅舎。かつては茶色系統で塗装されていた。
美しいが、いささか厚化粧だ。


JR高崎線篭原駅の跨線橋。フレームは古レール。

橋上駅舎化されているが、そのための南北自由通路は別に設けられているので跨線橋は駅舎とホーム間を移動する手段として残されている。しかもエレベーターも併設されて。

ほとんどの利用者は、跨線橋の内部がどうか、跨線橋が古いか新しいか、などということは考えもしないだろう。小川町駅のような珍しいものでも、毎日利用している人に聞いても「え? そんなだっけ?」というほどだった。

内部は化粧板、窓はアルミサッシ、天井はコルゲート。その内側には配線の配管がむきだし。「ここにずっといたい」「ここで待ち合わせをしたい」とはあまり思わないだろうなと思う空間。それが残されてしまう空間が、跨線橋。

天井の横方向のフレームはレールを湾曲させている。軸方向はコルゲート板を支えるだけでいいからか、アングル材。

それにしても、配管。鉄道駅の配線配管の多さは異様だ。ここでは数えられるくらいだが、地下鉄になると数十本が平行していたりする。

こうした古い跨線橋でも、一部を改造して最新の施設と融合しているのは興味深い。エレベーターとその向こうの作りは現在のソレであり、メイン通路の殺風景さとは全然違う。かといって、メイン通路をこの体裁に(おしゃれに?)直そうということもない。そのあたりのギャップもおもしろい。いずれ跨線橋本体を改築する必要が出た場合、このエレベーター部分はそのままにメイン通路部分だけを架け替えるのだろうか。

ホーム上屋の支柱は、跨線橋の古レールのフレームにくっついている。跨線橋が先にできたのかどうかはわからないが、跨線橋階段部分のコンクリートも比較的新しく見えるので、同時代に作られたのかもしれない。

ホーム上屋のない時代の籠原駅の写真など、どこかに載っていないだろうか。

20120901_003.JPGJR内房線の上総一ノ宮駅に、美しい木造跨線橋がある。エレベーターが併設されたので、当面はこのまま使用されるのだろう。

線路は南北方向に走っていて、これは南(安房鴨川側)から北(蘇我側)を見たもので、左が下りホーム、右が上りホーム。それぞれ、エレベーターの取り付け位置が違うので、古レールによるフレームの見え方が違う。

20120901_004.JPG
20120901_001.JPG側は古レールをトラス構造に組んでいる。縦桁は木製かと思いきや、リベットがあることから金属製のようだ。逆台形という形状からして古レールではないようにも見える。床版は木製。
20120901_020.jpg跨線橋内部。屋根を支えているのはアングル材。屋根と側上部の間に隙間があるのが跨線橋らしい。

20120901_008.JPG窓はガラスはめ殺し。

20120901_009.JPG下りホームへの階段。上り口の屋根が少し反っている。

20120901_011.JPG意匠的なものだろうか。

20120901_010.JPG階段部分の窓は、ガラスの入れてある窓とない窓がある。

20120901_012.JPG下りホームの上り口。両側下部に親柱のような意匠。

20120901_002.JPG下りホームのエレベーター取り付け部。踊り場(?)の下部はがらんどう。

20120901_021.jpg上りホームの踊り場(?)下部は倉庫かなにかになっている。線路方向には窓もある(冒頭写真参照)。トイレではなかったと思うが、記憶にない。

20120901_005.JPG珍しく塗装標記があった。透明素材に手書きされた者で、少しはがれていた。全体的に美しい跨線橋だった。


 
20120823_001.JPG北海道ツーリング中、かつて瀬棚線が分岐していた国縫駅の前で寝た。この周辺はキャンプ場もなく、海岸線は風も強いので、駅の待合室を…と思ったら、待合室内にはそれなりに虫がいたので、駅前で寝た。駅前の民家は21時ですでにみな真っ暗だった。

一晩中、貨物列車が通る。その度に地面が揺れるというすばらしい環境。夜のうちに、跨線橋が古レールのプラットトラス+木造であることはわかっていたが、夜が明けてから撮影した。画像奥が函館豊年、左が上りホームで駅舎側、右が下りホームである。それぞれ、階段部分が改修されている。

20120823_002.JPG上りホームの階段。柱と梁も木製のままだが、色を塗っている。屋根はトタンに張り替え。

20120823_006.JPG中から入口方向。

20120823_007.JPG素敵なのは、この窓。平行四辺形の窓枠と、窓。桟は木製、はめ殺し。

20120823_000.JPGそれを外から。脚はすべて古レール。ただし、錆びがひどく、陽刻はまったくわからない。

階段部分もすべて木製。支柱などが古レールでも、階段部分はコンクリート製に置き換えられていることも多いが、ここは木製を保っているのがうれしい。一部の脚の土台はコンクリートで補強してある。

20120823_011.JPG20120823_012.JPG脚がどれだけ錆びているかというと、これくらいだ。

20120823_009.JPG跨線部分の下面。横桁は古レールだが、縦桁は木柱で、ほぞまできっちりと見える。縦桁のこの継ぎ方は「追掛大栓(おっかけだいせん)」といい、頑丈である。

20120823_003.JPG跨線部分。柱のところどころにボルトが見えるのは、プラットトラスに組まれた古レールのフレームとの接合のためだろう。

20120823_005.JPG屋根方向を見ると、やはり横桁は古レールで、そこに木材で真束を立て、鉄材でトラスを入れている。

20120823_004.JPG窓。

20120823_008.JPG下りホームへの階段。こうして見ると、階段最下部に屋根をかけて延長している。そのため、前述した上りホームの階段とは異なる形状になっている。

20120823_010.JPG脚の組み方。

画像検索すると、どうやらかつてはこの向こう、駅の外まで跨線橋が延びていたようだ。

* * *

この朝、駅前の民家2軒からそれぞれ地元の方が出てこられ、お話をうかがった。そのうちの1軒が、この駅を管理しているとのこと。見学している間に、駅舎内外とトイレの掃除をしていた。私が「虫が多かったので外で寝た」などと迂闊に言ったことが影響しているなら申し訳ないと思った。

一人が言った。「あんた、この人(駅管理人)の家に泊めてもらえばよかったのに! どうせ空き家はいっぱいあるんだよ」

<関連記事>
駅便(国縫駅)


Copyright (C) 2005-2006 SAMURAI-FACTORY ALL RIGHTS RESERVED.
忍者ブログ [PR]
カレンダー
05 2020/06 07
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
カテゴリー
twitter
twitter2
プロフィール
HN:
磯部祥行
性別:
男性
自己紹介:
メールはy_磯部/blue.ぷらら.or.jpにお願いします。日本語部分等は適宜置き換えてくださいませ。
バーコード
ブログ内検索
アーカイブ
カウンター
since 2010.7.30
アクセス解析