忍者ブログ
[327] [326] [325] [324] [323] [322] [321] [320] [319] [318] [317]



IMG_3256_R.JPG岩手県と青森県の県境にかかる青岩橋。珍しいトレッスルの道路橋である。もともと国道4号の橋であり、いまは旧道化してしまった。それゆえにか、いまはこのような状態だ。

IMG_3249_R.JPG
元国道なのに、総重量4t以上は通行禁止。橋の両サイドにそれぞれ標識があり、それとは別にそれぞれ看板がある。さらに「注意/徐行」という掲示もある。

見て分かるとおり、この橋の本来の欄干は既にあてにされていない。そして、新たな手すりが追加されている。これでは、クルマがすれ違えないではないか。しかし、トラック野郎なら積荷40tを背負った勝負の途中できっと現在の国道4号から離れ、この橋に入ってくるに違いない。そして、橋を渡りきる直前に桁が崩壊し、かろうじて渡りきるのだ。

上の写真は西側(右岸)である。親柱はしっかりと残っている。
IMG_3252_R.JPG「昭和三十六年十一月竣功」の銘板の下に、「土木学会選奨土木遺産 2006」のプレートが貼られている。もしかすると、手すりの整備はその影響なのかもしれない。それにしても・・・だ。






























右側の親柱。「せいがんばし」。
IMG_3251_R.JPG
























渡って左側。
IMG_3261_R.JPG
























渡って右側。
IMG_3259_R.JPGなぜか、前につんのめるように傾いてる。そこはこのような場所だ。

IMG_3296_R.JPG






































では、トレッスル橋脚を見てみよう。
IMG_3274_R.JPG高さ12m。ここに来る前に、仙山線の第二広瀬川橋梁などを見ているので、全然高く感じない。

IMG_3278_R.JPG桁の裏側はこうだ。箱桁ではなく、2主構の鈑桁。そこに、コンクリート製の床版がついている。しかし、一部は補修のためか、別の施工がされており、そこにはトラ塗り=警戒色の板も使われていた。




















































支承はこんな案配。ボルトで固定されている。
IMG_3292_R.JPG
























IMG_3297_R.JPGなんらかの参考になれば。青岩橋のプレートガーダーのリベット。

















鈑桁と、トレッスルの接合部。桁はその上でスライドするようにも見える。
IMG_3282_R.JPG


























青岩橋についてはここまで。ただ「見てきた」という記事である。


さて、上の地図では地名は表示されていないが、ここは西へ向かっていた馬淵川が突如反転し、東をめざす場所。反転した内側は「舌崎」という地名である。まさに人の舌のような形状をしている。カシミール3Dで確認してみた。

20100601map.jpg見事にベロだ。舌状だ。昔の人の地形に対する洞察に感服する。


縦位置写真を使うと改行がおかしくなる。こまった。。。

PR


gbNobN
トラックバック:


Copyright (C) 2005-2006 SAMURAI-FACTORY ALL RIGHTS RESERVED.
忍者ブログ [PR]
カレンダー
08 2018/09 10
S M T W T F S
1
3 4 5 6
15
16 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリー
twitter
twitter2
プロフィール
HN:
磯部祥行
性別:
男性
自己紹介:
メールはy_磯部/blue.ぷらら.or.jpにお願いします。日本語部分等は適宜置き換えてくださいませ。
バーコード
ブログ内検索
アーカイブ
カウンター
since 2010.7.30
アクセス解析