忍者ブログ
[536] [535] [534] [533] [532] [531] [530] [529] [528] [527] [526]
4月28日夜から5月2日にかけて、岐阜~富山~福井を回ってきた。道中、突然、おもしろい橋にでくわすのは楽しいものだ。今回は水管橋を。

20110505_R005.JPG国道41号を走行中、こんなものが目に入った。吊橋の水管橋。しかも主塔はA型トラス構造。

日暮れが近いため、先を急いでいたのだうえ土砂降りだったが、クルマを停めてざっと見学した。

場所は、岐阜県高山市久々野町阿多粕。


地図のデータでは、Yahoo!もGoogleもmapionも、きちんと道路を表示しないので、地形図を。
20110505map.jpg(DAN杉本氏作製のカシミール3Dを使用)

この、JR高山本線渚駅南側、現在の高山市が下呂市と接する部分にこの水管橋はある。


20110505_R002.JPG通常、人やクルマを通す吊り橋は、主塔がπ型をしている。それは、踏板を水平に吊すために主索が左右で2本あるためだ。ところが、この水管橋は、吊す対象が円柱型の鉄管であるため、主索は1本。それに伴い、主塔もπ型ではなく三角形をしている。トラス構造を利用したものだ。

20110505_R001.JPG画像奥が下呂市、手前が高山市。

耐風索(水管の下にある索)は2本ある。これで水管をほぼ固定している。この場合、「主索2本+耐風索1本」でもいい気がするが、たぶんこちらのほうが簡易というか強度としても十分なのだろう。なお、耐風索がなくても構造としては成立する。

20110505_R003.JPG水管を下から見上げる。三角形の頂点は水管、/\と広がっているのは耐風索。

水管はそれなりによれている。

20110505_R000.JPG水管の根本側。さすが吊橋、ちゃんと主索がどこかにアンカーされている(と思う)。土砂降りなので見に行かなかった。

20110505_R004.JPG主塔の付け根。支承と言っていいのだろうか。ピン構造になっている。通常の吊橋では、主塔は橋脚と一体化しているが、ここではピン構造になっている。ということは、主索の張り具合によって、この主塔が傾ぐことになる。吊橋の構造としてはとても理解できる。




銘板等は見つけられず、橋の名称もわからなかった。地形図でも、水路が書いてあるわけではないため、この水管橋が、何を目的としているのかもわからない。両端が地中にあるのか、地上にあるのかも見ていない。

ともあれ、見た目が非常に興味深い水管橋吊橋である。場所は、濃飛バス「あたがすバス停」付近である。久々野駅、あるいは高山駅からバスでも行けますよ。

PR


gbNobN
トラックバック:


Copyright (C) 2005-2006 SAMURAI-FACTORY ALL RIGHTS RESERVED.
忍者ブログ [PR]
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 16
18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリー
twitter
twitter2
プロフィール
HN:
磯部祥行
性別:
男性
自己紹介:
メールはy_磯部/blue.ぷらら.or.jpにお願いします。日本語部分等は適宜置き換えてくださいませ。
バーコード
ブログ内検索
アーカイブ
カウンター
since 2010.7.30
アクセス解析