忍者ブログ
[598] [597] [596] [595] [594] [593] [592] [591] [590] [589] [588]
東京・神保町の南洋堂書店で開催されている東京の微地形模型』展に行ってきた。

20110811_001.JPGどういうものかというと、東京の新宿以西くらいの範囲の地形データ(国土地理院が提供している5mメッシュ標高データ)をカシミール3Dで読み出し、7500分の1にして立体的に起こしたもの。実際のサイズは1500mm四方、厚さは最大で60mm。高さは8倍強調としている。上の写真は、北を右として写している。わたしの東京の認識はこうなのだ。

地形はおわかりだろうか? 右上から手前に縦に流れる谷は、目白通りと神田川。上のほうが高田馬場。右下の盛り上がった台地は、JR山手線が上野を出て日暮里に向かう途中で車窓左に見える断崖、その上にある三つの四角形が不忍池。山手線の地形も浮かび上がるので、私は同定するのに皇居と高田馬場を用いた。

いままで、国土地理院が提供する5mメッシュや10mメッシュの標高データとカシミール3Dを用いて東京の地形を立体化して眺めては喜んでいたが、このように立体的になると、これはまた違った面白さや発見がある。主催者・制作者の店主・荒田氏がおっしゃっていたのだが、谷の両側の角度が異なるなど、一枚の静止画像であるカシミール3Dで描いたものからは気づかないことに気づくことに、驚いた。

20110811_000.JPG駿河台を真っ二つにする神田川。



この展示、お盆シーズンは終了が早めだが、27日まで長期間、展示されているので、ぜひご覧いただきたい。

なお、現地には、高額な『五千分一東京図測量原図』などが閲覧できるようになっている。
PR


Copyright (C) 2005-2006 SAMURAI-FACTORY ALL RIGHTS RESERVED.
忍者ブログ [PR]
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 17
18 19 20 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリー
twitter
twitter2
プロフィール
HN:
磯部祥行
性別:
男性
自己紹介:
メールはy_磯部/blue.ぷらら.or.jpにお願いします。日本語部分等は適宜置き換えてくださいませ。
バーコード
ブログ内検索
アーカイブ
カウンター
since 2010.7.30
アクセス解析