忍者ブログ
[433] [432] [431] [430] [429] [428] [427] [426] [425] [395] [423]
Einshaltさんとgolgodenkaさんのやりとりの中で、記憶しておかねばならないことがあったのでメモ。

ことの起こりはgolgodenkaさんの下記記事。11月12日。

旧士幌線(幌加~十勝三股)のトラス橋 ?!

ハウトラスかと思ったけれど、垂直材が見えない。そんなのあるのかな、と思いながら手元の乏しい文献には掲載なし。そのままにしていたところ、11月20日になって、Einshaltさんが素晴らしい写真を発見。

こちら

「Copy & paste this HTML into your webpage」に出てくるタグに、すでに文字化けした文字が含まれているために画像を引用できないのだが、見れば見るほど奇っ怪な形をしている。「ポストトラス」みたいに、特殊な例としてwikipediaにあったような気がしたので、見てみると、なるほどあるじゃないの。アラントラス。って、この項目を抜本的に修正したのは自分なのだが、書いた本人が憶えていないというオチ。まあ、実例を知らない形式だしな。外国の小説に出てくるちょい役のキャラの名前を覚えてないのといっしょだ。


冒頭の橋の写真は、昭和10年には完成している(注)。写真から見るに、橋脚はPC、欄干は木製に見える。トラスそのものは、木製のようでもあり、鉄製のようでもある。ただ、鉄橋ぽさがないのだ。シルエットだけ見ると、いま現在のトラス橋ならありうるかもしれないのだが、端柱と上弦の結合部、つまり台形の上底の両端が、端柱に対して出っ張っている。また、各部材が、角材のように見える。

(注)
十勝支庁のサイト内にある「
上士幌町史 観光・交通」では、この橋について「'23年(大正12年)土木現業所によって、ポニートラスト式の新橋45メートルが完成した。当時としては最高の技術を投入したもので、安全橋と呼ばれ、また川上橋と改称、つぎにコンクリート橋脚になり泉翠橋と命名された。」と書いている。橋脚をコンクリート製に交換することができたのかどうか不明。

また、開発局による糠平国道紹介資料によると、この場所に架かる橋は下記のようになる。
1918年(大正7年)安全橋
1923年(大正12年)川上橋
1928年(昭和3年)泉翠橋(初代)ポーニトラス(筆者注:ポニートラスの誤記)

これらのことから、十勝支庁の記事は
複数の情報が混同されている可能性がある。おそらく1918年の安全橋、1923年の川上橋とも木橋で、1928年に初めてコンクリート橋脚を備えた木橋になったのではないかと考えている。これらの情報はすべてEinshaltさんに依った。

 
 
仮に1935年1928年(昭和3年)製とすると、部材はL字型のアングル材をレーシングで結合していたのではないか。現在でも、たいていの場合はH型鋼を使用しており、部材を角材のように箱形に組んで使うのは、かなり大型の特殊なトラス橋くらいしかありえないのではないか。このあたり、理屈でものを書いているわけではなく、観察した印象だけで書いているのでまったく自信はないのだが。

Einshaltさんが発見した写真では、細い垂直材が見えるので、それは鉄製(鋼製?)だろう。


とにかく、私としては「木造じゃないの?」と思っている。ハウトラスを元にしているように見えるし(ハウトラスとは木橋に適した構造。木材は引張よりも圧縮に強いので、長さが大きくなる斜材に圧縮力がかかるようになっている)。上士幌町という土地柄から、もともと音更川上流は木材資源開発のために切り拓かれた土地でもあるし、ここに木橋がかかっていても、なんの不自然さもない。そういうことで、「木造じゃないの?」と思っている。




以下、関連備忘録。

パーシー・アランpercy allanのこと(1)
http://en.wikipedia.org/wiki/Percy_Allan

パーシー・アランpercy allanのこと(2)
http://adbonline.anu.edu.au/biogs/A070039b.htm
ごく簡単に書くと、1861-1930、豪州人、土木技術者。祖父は総督代理(? deputy commissary general)だというので当時の超エリートだ。旋回橋もやってたとある。

パーシー・アランpercy allanのこと(3)
http://en.structurae.de/persons/data/index.cfm?id=d002304

資料(3)には図面もあり、そこに「典型的なアラントラス。豪州に適した、豪州産木材を斜材に使用し、垂直材(ロッド)は鉄(のちに鋼鉄)とした形式」というようなコメントが付されている。

==

以下余興。
アラン・トラスの例
・Hampden Bridge(1895)
http://en.wikipedia.org/wiki/Hampden_Bridge_%28Wagga_Wagga%29

・Tharwa_Bridge(1895)
http://en.wikipedia.org/wiki/Tharwa_Bridge

・Victoria Bridge(1897)
http://www.flickr.com/photos/29029178@N03/3406011139


パーシー・アランの業績。
・Pyrmont_Bridge(1902)。トラス橋の旋回橋
http://en.wikipedia.org/wiki/Pyrmont_Bridge

・Glebe_island_bridge(1903)。同。この状態で固定らしい。
http://en.wikipedia.org/wiki/File:Glebe_island_bridge.JPG


PR


gbNobN
トラックバック:


Copyright (C) 2005-2006 SAMURAI-FACTORY ALL RIGHTS RESERVED.
忍者ブログ [PR]
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリー
twitter
twitter2
プロフィール
HN:
磯部祥行
性別:
男性
自己紹介:
メールはy_磯部/blue.ぷらら.or.jpにお願いします。日本語部分等は適宜置き換えてくださいませ。
バーコード
ブログ内検索
アーカイブ
カウンター
since 2010.7.30
アクセス解析