忍者ブログ
[1255] [1251] [1252] [1247] [1250] [1249] [1248] [1246] [1245] [1244] [1243]
2013年12月29日にカルカルで開催された「ダムアワード」に触発されて@hachim088さんがご自身の1年をブログに書いてあること・ないことを振り返りつつアワードを…とツイートされているのを見て、私もカウントしたくなった。

2013年にはこの記事以外に280本の記事を書いた。その中で、貴重だと自分で思うものや自分で「発見した」と思うもの、有名な存在なんだけれども自分が行きたいと思っていたものを中心に、候補をリストアップした。自画自賛の最たる「アワード」は末尾に記す。

私としては、280本のうち半分くらいは「どうだ!」という気持ちで書いている残り半分は「まあ、ネット上に記録しておくか」というくらいの気持ちだ。でも、どれも、ご覧いただくこと、後日、見知らぬ誰かが検索したときにヒットし、参考になれば…という気持ちでアップしている。

旅も、机上の旅も、どれも楽しい。2013年はいろいろな方、いろいろなものとの出会いがあった。2014年もまた多くの機会に恵まれますように。

●橋賞

須川橋(匹見川)ボーストリングか曲弦ワーレンか
 
『歴史的鋼橋集覧』にも橋の有名サイトにもない、いい橋に偶然出会うととても嬉しい。それがボーストリングトラスであればひとしおだ。

<次点>

根笠橋 トラスをトラスで補強した橋

有名な橋だと思うが、これは『歴史的鋼橋集覧』には載っていない。

ランガー補強された謎のポニートラス(国見山鉱山中部軌道)
国見山鉱山の廃線跡にある。『廃線跡の記憶4』でLevel_7gさんが取材し、見つけてきたものをトレースした。

大原橋 コンクリートローゼ

これは有名な橋。見ておきたかった。

●道路賞

弁財澗の片洞門 国道229号(北海道)
積丹半島で偶然見つけた片洞門。これだけのオーバーハングは、いまではありえない。というか下に入るのが怖かった。

●建築賞

本別農協勇足支所(北海道)
このRがいい。側面の農協マークもすてきだ。なにより、現役の施設であることがすばらしい。

<次点>

モノトーンの日石カルテックス
美しい。そして現役。

垪和簡易郵便局(はが)
@0916taiさんに教えていただいたもの。

東城町立始終小学校 形式上は現役の木造+モルタル校舎
偶然通りかかり、この校舎を作ることも手伝った方にお話を聞けた。これだけの校舎が、驚くべき山間にある。

●土木賞

西川水路橋(新潟県) 水の立体交差
後述する「新潟の街歩き」で知り、その足で行った。私は新潟のこういうものをもっとつきつめて知りたいと思っている。

●<次点>

安浦の軍艦防波堤 コンクリート船
これも有名物件。コンクリート製の船を防波堤に使っているもの。



●給油所賞

下灘駅のようなESSO
g_standさんの講演で写真を見てから、ずっと行ってみたかった給油所に、予想外の場所で出会えた。

<次点>

オレンジ色のダイヤモンドサービス


石ノ森章太郎がかつて見ていたシェル


●機械賞

蒸気機関車の逆転機の動きを動画で

蒸気機関車でいちばんおもしろいのは逆転機だと思っている。

●地図・地形賞

新潟の街歩き『砂丘をキワめる坂道めぐり』&『砂丘を登ろう!日和山登山』
路地連新潟の野内さんとスリバチ学会の皆川さんに率いられ、生まれ育った地域を歩くという経験。とてもおもしろかったし、新しい友人がたくさんできた。

●<次点>

坂サミットと環状4号
『空から見える東京の道と街づくり』企画の際に気づいたルートを実際にたどってみた。


●写真賞

大木茂さん「石北本線 常紋信号場 1971年3月13日」と「オリジナルプリント」

写真表現について、今年いちばん教えられたこと。

●出会い賞

川口メディアセブン「かわぐちタイポさんぽ」



このイベントでたくさんの友人ができた。センスが共有できる友人はほんとうに楽しい。

* * *


さて、では『轍のあった道』アワードは、どれか。

轍のあった道大賞 

国見山鉱山D-507の解体

前述の橋と同じく『廃線跡の記憶4』でLevel_7gさんの記事に掲載されていた国見山鉱山。その橋を見に行ったのだが、半分地面に埋まっていたこのD-507が解体される現場に遭遇した。解体中を目撃したのは私しかいないかもしれない。貴重な記録をとることができた。土木でも道路でもないこの記事だが、私がもっとも多くの人に見てもらいたい、知ってもらいたいのはこの記事なのだ。私が発信しなかったら、たぶん、「まだあったころ」と「なくなってから」しか記録に残らない。

* * *

今年もご覧いただきありがとうございました。2014年もよろしくお願いいたします。


磯部祥行
PR


Copyright (C) 2005-2006 SAMURAI-FACTORY ALL RIGHTS RESERVED.
忍者ブログ [PR]
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 16
18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリー
twitter
twitter2
プロフィール
HN:
磯部祥行
性別:
男性
自己紹介:
メールはy_磯部/blue.ぷらら.or.jpにお願いします。日本語部分等は適宜置き換えてくださいませ。
バーコード
ブログ内検索
アーカイブ
カウンター
since 2010.7.30
アクセス解析